コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

加賀れんこん

デジタル大辞泉プラスの解説

加賀れんこん

石川県金沢市で生産されるレンコン。同県でのレンコンの栽培は藩政期に遡るとされる。現在栽培されている主な品種は「支那白花」。肉質はきめ細かく、もっちりとした食感。金沢市農産物ブランド協会により「加賀野菜」に認定されている。

出典 小学館デジタル大辞泉プラスについて 情報

事典 日本の地域ブランド・名産品の解説

加賀れんこん[根菜・土物類]
かがれんこん

北陸甲信越地方、石川県の地域ブランド。
金沢市産のれんこん。収量が多く、病気にも強い。浅根性で掘りやすいのが特徴。他のれんこんより澱粉質が多く粘りも強いため、食感が楽しめる。金沢では、すり流し汁やハス蒸しなどにして食される。新鮮な泥付きれんこんとして出荷されている。加賀野菜の一つ。2007(平成19)年9月、特許庁地域団体商標に登録された。商標登録番号は第5078474号。地域団体商標の権利者は、金沢市農業協同組合。

出典 日外アソシエーツ「事典 日本の地域ブランド・名産品」事典 日本の地域ブランド・名産品について 情報

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

鑑定留置

被疑者・被告人が精神障害などで刑事責任能力を問えない可能性がある場合に、精神・心身の状態を鑑定するため、被疑者・被告人を病院などの施設に留置すること。捜査機関が裁判所に請求し、認められた場合に、期限を...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android