加賀れんこん

事典 日本の地域ブランド・名産品の解説

加賀れんこん[根菜・土物類]
かがれんこん

北陸甲信越地方、石川県の地域ブランド。
金沢市産のれんこん。収量が多く、病気にも強い。浅根性で掘りやすいのが特徴。他のれんこんより澱粉質が多く粘りも強いため、食感が楽しめる。金沢では、すり流しハス蒸しなどにして食される。新鮮な泥付きれんこんとして出荷されている。加賀野菜の一つ。2007(平成19)年9月、特許庁の地域団体商標に登録された。商標登録番号は第5078474号。地域団体商標の権利者は、金沢市農業協同組合。

出典 日外アソシエーツ「事典 日本の地域ブランド・名産品」事典 日本の地域ブランド・名産品について 情報

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

大学入試センター試験

国立大学の共通第1次学力試験制度は、1979年度に導入された。入学試験を第1次と第2次とに分け、第1次試験は大学入試センターが共通学力試験を実施。第2次試験は各大学がきめ細かな入学者選抜を行うことを目...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android