コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

加賀奉書 かがほうしょ

大辞林 第三版の解説

かがほうしょ【加賀奉書】

加賀国で産する奉書紙。前田利家が領主となってから製紙業が盛んになった。

出典|三省堂大辞林 第三版について | 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

加賀奉書
かがほうしょ

石川県(加賀国)の能美(のみ)、石川、河北(かほく)の3郡を中心として漉(す)き出された奉書紙。16世紀末に、前田利家(としいえ)がこの地の領主となってから美術工芸が奨励され、それに関連して製紙も盛んになった。加賀奉書が、桂(かつら)離宮の茶室「松琴亭(しょうきんてい)」の床張付(とこはりつ)けと襖(ふすま)の市松模様の意匠材料に使用されているのは有名である。この伝統的製法は、現在も金沢市二俣(ふたまた)町で受け継がれている。[町田誠之]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について | 情報 凡例

加賀奉書の関連キーワード石川の和紙二俣和紙前田利家奉書紙製紙業松琴亭領主

今日のキーワード

アウフヘーベン

ヘーゲル弁証法の基本概念の一。あるものを否定しつつも、より高次の統一の段階で生かし保存すること。止揚。揚棄。→アン‐ウント‐フュール‐ジッヒ →弁証法...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android