助高屋 小伝次(初代)(読み)スケタカヤ コデンジ

新撰 芸能人物事典 明治~平成の解説

助高屋 小伝次(初代)
スケタカヤ コデンジ


職業
歌舞伎俳優

本名
伊藤 政吉

生年月日
明治17年 5月2日

出生地
東京・浅草

経歴
7代目沢村訥子の長男。4代目助高屋高助の孫。高助の遺言により明治20年助高屋を継ぎ、助高屋小伝次を名乗って5月東京吾妻座に当麻の悴友松役で初舞台を踏む。父と共に名古屋・大阪の舞台につとめ、東京宮戸座の子供芝居の座頭となる。32年5月新富座「椿説弓張月」に島の為朝など5役をつとめ大好評を得る。“神童麒麟児”と云われ前途を嘱されたが、同年8月脳充血のため早世した。

没年月日
明治32年 8月24日 (1899年)

家族
父=沢村 訥子(7代目),弟=沢村 宗之助(初代),祖父=助高屋 高助(4代目)

出典 日外アソシエーツ「新撰 芸能人物事典 明治~平成」(2010年刊)新撰 芸能人物事典 明治~平成について 情報

今日のキーワード

寒暖差アレルギー

寒暖の差により鼻の奥の毛細血管が詰まり、鼻の粘膜が腫れることで起きる鼻炎。医学的には血管運動性鼻炎の一種とされる。多くの場合秋から冬にかけて1日の寒暖差が大きい時期や冷房による急な温度変化などにより起...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android