劫奪(読み)コウダツ

大辞林 第三版の解説

きょうだつ【劫奪】

こうだつ【劫奪】

( 名 ) スル
〔「劫」はおびやかす意〕
脅して奪うこと。きょうだつ。 「金を-せしが/新聞雑誌 3

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

精選版 日本国語大辞典の解説

きょう‐だつ ケフ‥【劫奪】

〘名〙 おびやかしてうばうこと。強奪。ごうだつ。

ごう‐だつ ゴフ‥【劫奪】

〘名〙 (「」はおびやかすの意) おびやかしてむりやりに奪うこと。きょうだつ。
※性霊集‐八(1079)講演仏経報四恩徳表白一首「若无国主、強弱相戦、貴賤劫奪、身命難保」
※開化本論(1879)〈吉岡徳明〉上「他の財産を劫奪せんが為に強兵以て要するが如きは」 〔史記‐日者伝〕

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

今日のキーワード

栄典制度

社会に対する功労者の栄誉を表彰するために国法上与えられる特殊な地位に関する制度。大日本帝国憲法時代には,爵,位,勲章および褒章があり,その授与は天皇の大権事項であった(15条)。日本国憲法下にいたって...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android