コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

こう

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説


こう

サンスクリット語 kalpa音写。劫波,劫簸などとも記される。非常に長い時間という意味。上下四方 40里の城いっぱいにけしを満たし,3年ごとに1粒ずつけしを取除いて,すっかりけしがなくなってしまう時間を劫と説明したのを芥子 (けし) 劫という。さらに上下四方 40里の岩を,天女が天から3年ごとに下ってきて,羽衣でひと触れしているうちについにその岩がすりへってなくなってしまうのを磐石劫という。また,芥子劫,磐石劫を小劫とし,上下四方 80里の城と岩にたとえる場合を中劫,さらに 120里にたとえるのを大劫とする場合がある。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

デジタル大辞泉の解説

こう〔コフ〕【×劫】

《〈梵〉kalpaの音写「劫波」の略。「ごう」とも》仏語。きわめて長い時間。古代インドにおける時間の単位のうち、最長のもの。
囲碁で、一目双方交互に取りうる場合、一方で取られたあと、すぐ他方で取り返すことのできない約束で一目を争うこと。

ごう〔ゴフ〕【×劫】

こう(劫)

ごう【劫】[漢字項目]

人名用漢字] [音]ゴウ(ゴフ)(慣) コウ(コフ)(呉) キョウ(ケフ)(漢)
〈ゴウ〉
おびやかす。おどす。「劫略
きわめて長い時間。「劫火劫初永劫
〈コウ〉
おびやかす。「劫奪
長い時間。「億劫塵劫(じんこう)
囲碁で、石の取り方の一。「劫材」
[難読]億劫(おっくう)

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

世界大百科事典 第2版の解説

こう【劫】

インド古代の巨大な時間の単位サンスクリットのカルパkalpaの漢訳。1劫の長さは仏典では種々の比喩で説かれている。〈盤石(ばんじやく)劫〉の比喩によると,1辺1由旬(ゆじゆん)yojana(約7km)の立方体をした硬い岩を柔らかいカーシ産の綿布で100年に1度ずつ払いつづけ,岩がようやく磨滅しても1劫はまだ終わらない。劫は元来〈期間〉の意味なので,上記の劫以外に,これと長さの異なる種々の劫がある。

出典 株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について 情報

大辞林 第三版の解説

こう【劫】

[1] kalpa の音訳「劫波」の略〕 〘仏〙 ほとんど無限ともいえるほどの長い時間の単位。具体的な長さは諸説あって一定しない。
[0][1] 囲碁で、交互に相手方の一石を取ることができる形。これを反復すると勝負がつかないため、一手以上他に打ったあとでなければ取れない。 「 -を立てる」
[句項目] 劫を経る

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説


ごう

サンスクリット語カルパkalpaの音写「劫簸(ごうは)」の略。仏教やインド思想で、通常の年月日時では算出することのできないとてつもなく長い時間をいう。そのことを仏典では、芥子(けし)劫といわれる譬喩(ひゆ)で説明している。それは、1辺が1ヨージャナ(由旬(ゆじゅん)。約7キロメートル)の立方体の大城に芥子粒を満たし、長寿の人が100年に一度きてそれを1粒ずつ取り出してついに芥子粒がなくなっても、なお劫は尽きないというのである。「未来永劫(みらいえいごう)」とはこのような長大な時間をさす。刹那(せつな)の反対語。[高橋 壯]

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

劫の関連キーワード奈良県奈良市北御門町多生曠劫・多生昿劫劫臈・劫﨟・劫臘サンスクリット語亀の甲より年の劫十劫の弥陀三阿僧祇劫過去七仏多生劫毘藍婆劫立て塵点劫改算記芥子粒億万劫仏語ユガ劫末難読最長

今日のキーワード

奨学金破産

学生が国の奨学金制度を利用したものの、返済の目途が立たずに自己破産すること。国内の自己破産の総件数は2003年をピークに減少傾向にあるが、このうち奨学金関連の破産は3000人前後の状況が続いており、1...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

劫の関連情報