コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

労働全収権 ろうどうぜんしゅうけん right to the whole produce of labour; Recht auf den vollen Arbeitsertrag

1件 の用語解説(労働全収権の意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

労働全収権
ろうどうぜんしゅうけん
right to the whole produce of labour; Recht auf den vollen Arbeitsertrag

すべての生産物の究極の生産者は労働者であるから,労働者は労働生産物の全部を取得する権利をもつという考えに立脚する権利概念。このような考え方は J.ロックリカード派社会主義者,サン=シモン主義者,J.C.ロートベルトゥスらによりすでに展開されていたが,この用語を用いて明確に定式化したのは A.メンガーである。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典内の労働全収権の言及

【私有財産制】より

…社会主義者が階級社会の消滅という目標の基軸に,私有財産制度の廃止を掲げるのはそのためである。その背後には,現実に労働した者だけが生産物を所有する権利を持つという,近代初頭の自然権論によって支えられた〈労働全収権〉と呼ばれる考え方が底流をなしているといってよい。【佐伯 啓思】。…

【ホジスキン】より

…海軍に入ったが上官と衝突して辞め,大陸に渡り,帰国後急進派新聞の記者となった。1824,25年の団結法をめぐる紛争のなかで労働者の団結や賃金闘争を支持,労働者教育のためロンドン職工学校を設立するほか,《労働擁護論》(1825),《民衆経済学》(1827)などを著し,生産物は結局すべて労働が生みだすので労働者は全生産物を受けとる権利があるという,有名な労働全収権論を説いたが,トムソンWilliam Thompson(1775‐1833)らのオーエン主義者には同調しなかった。のちには《エコノミスト》誌にもしばしば投稿した。…

【リカード派社会主義】より

…ふつう,19世紀の20~30年代のイギリスで,全生産物が労働者に帰属すべきであるという労働全収権right to the whole produce of labor(全労働収益権ともいう)を主張した労働擁護論者の思想をいう。おもな人物としてはトムソンWilliam Thompson(1775‐1833),T.ホジスキン,ブレーJohn Francis Bray(1809‐95),グレーJohn Grey(1799‐1883),エドモンズThomas Rowe Edmonds(1803‐89),レーブンストンPiercy Ravenstone(?‐1830ころ)があり,ときとしてリカード以前のホールCharles Hall(1740ころ‐1820ころ)を含めることもある。…

※「労働全収権」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

労働全収権の関連キーワード限界生産力説分配搾取生産者価格派生需要エコデザイン家禽工業農業の交易条件限界変形率生産者賞 (breeder's bonus)

今日のキーワード

トランスアジア航空

台湾・台北市に本拠を置く航空会社。中国語名は復興航空。1951年、台湾初の民間航空会社として設立。83年に台湾の国産実業グループに経営移管され、組織改編を実施した。92年に国際チャーター便の運航を始め...

続きを読む

コトバンク for iPhone