コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

労働及産業 ろうどうおよびさんぎょう

世界大百科事典 第2版の解説

ろうどうおよびさんぎょう【労働及産業】

大正期の労働者組織友愛会機関誌。1914年11月,《友愛新報》(1912年11月創刊)を継承して発刊された月刊誌。《友愛新報》は会長鈴木文治の個人的編集によっていたが,本誌には友愛会の発展にともない野坂参三,久留弘三らが参加し,編集体制は強化された。内外労農運動の紹介,時事評論のほか,労働者の会員からの投書も多い。また本部や各地連合会の活動記録,新入会者名簿なども記載されている。17年ころの発行部数は3万部近くになった。

出典 株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について 情報

労働及産業の関連キーワード野坂 参三平沢 計七平沢計七

今日のキーワード

天網恢恢疎にして漏らさず

《「老子」73章から》天の張る網は、広くて一見目が粗いようであるが、悪人を網の目から漏らすことはない。悪事を行えば必ず捕らえられ、天罰をこうむるということ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android