コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

労働及産業 ろうどうおよびさんぎょう

1件 の用語解説(労働及産業の意味・用語解説を検索)

世界大百科事典 第2版の解説

ろうどうおよびさんぎょう【労働及産業】

大正期の労働者組織友愛会の機関誌。1914年11月,《友愛新報》(1912年11月創刊)を継承して発刊された月刊誌。《友愛新報》は会長鈴木文治の個人的編集によっていたが,本誌には友愛会の発展にともない野坂参三久留弘三らが参加し,編集体制は強化された。内外労農運動の紹介,時事評論のほか,労働者の会員からの投書も多い。また本部や各地連合会の活動記録,新入会者名簿なども記載されている。17年ころの発行部数は3万部近くになった。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

労働及産業の関連キーワード日本労働総同盟友愛会労働金庫組織労働者未組織労働者東忠続佐野芳雄田口亀造平沢計七山県憲一

今日のキーワード

トランスアジア航空

台湾・台北市に本拠を置く航空会社。中国語名は復興航空。1951年、台湾初の民間航空会社として設立。83年に台湾の国産実業グループに経営移管され、組織改編を実施した。92年に国際チャーター便の運航を始め...

続きを読む

コトバンク for iPhone