コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

労働及産業 ろうどうおよびさんぎょう

1件 の用語解説(労働及産業の意味・用語解説を検索)

世界大百科事典 第2版の解説

ろうどうおよびさんぎょう【労働及産業】

大正期の労働者組織友愛会の機関誌。1914年11月,《友愛新報》(1912年11月創刊)を継承して発刊された月刊誌。《友愛新報》は会長鈴木文治の個人的編集によっていたが,本誌には友愛会の発展にともない野坂参三久留弘三らが参加し,編集体制は強化された。内外労農運動の紹介,時事評論のほか,労働者の会員からの投書も多い。また本部や各地連合会の活動記録,新入会者名簿なども記載されている。17年ころの発行部数は3万部近くになった。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
世界大百科事典 第2版について | 情報

労働及産業の関連キーワード常用漢字新常用漢字表日野ルノー PA型PD6(T)型直6下垂体競技場長門(市)国連教育科学文化機関ユネスコUNESCO

今日のキーワード

稀勢の里寛

1986- 平成時代の力士。昭和61年7月3日生まれ。中学卒で鳴戸部屋に入門し,平成14年3月初土俵。16年5月新十両,同年11月には18歳4ヵ月で新入幕をはたす。18年7月新三役小結,21年3月新関...

続きを読む

コトバンク for iPhone