労働安全衛生規則(読み)ろうどうあんぜんえいせいきそく

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

労働安全衛生規則
ろうどうあんぜんえいせいきそく

労働安全衛生法の保護実施規程として発令された規則 (昭和 47年労働省令 32号) 。通則安全基準,衛生基準および特別規制の4編から成り,労働災害防止のため労働者安全管理衛生管理を確立し,快適な作業環境をつくりだすことを目的に,使用者が講じなければならない措置の基準を定めている。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

今日のキーワード

エミュー

ヒクイドリ目エミュー科。ダチョウに似た大型の飛べない鳥。オーストラリア固有種で,国鳥。全長 140~164cm,背丈 150~190cmで,雌のほうがやや大きい。翼は羽毛に覆われて見えないが,約 20...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

労働安全衛生規則の関連情報