コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

労働安全衛生規則 ろうどうあんぜんえいせいきそく

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

労働安全衛生規則
ろうどうあんぜんえいせいきそく

労働安全衛生法の保護実施規程として発令された規則 (昭和 47年労働省令 32号) 。通則安全基準,衛生基準および特別規制の4編から成り,労働災害防止のため労働者安全管理衛生管理を確立し,快適な作業環境をつくりだすことを目的に,使用者が講じなければならない措置の基準を定めている。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

労働安全衛生規則の関連キーワード海外派遣者の健診救命胴衣の着用労働歯科衛生安全管理者集団検診労働環境労働衛生安全設備低圧線産業医休養室足場

今日のキーワード

あおり運転

危険運転の一種で、前方を走行する車両に対する嫌がらせ行為。車間距離を極端に詰めて道を譲るように強要する、猛スピードで追い回す、ハイビームやパッシング、並走しての幅寄せなどで威嚇する、といった行為が該当...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

労働安全衛生規則の関連情報