通則(読み)つうそく

精選版 日本国語大辞典の解説

つう‐そく【通則】

〘名〙 世間一般に通用するきまり。一般に適用される法則。また、全体をとおしての規則。共通の規則。
※米欧回覧実記(1877)〈久米邦武〉例言「理論は普通の通則にて、実験は各地の活機を、習煉悟得するものにて」
※吾輩は猫である(1905‐06)〈夏目漱石〉八「皆此筆法を用ゐるのが通則になって居る」 〔沈約‐立左降詔〕

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

今日のキーワード

国民投票法

正式名称は「日本国憲法の改正手続に関する法律」。平成19年法律第51号。2007年(平成19)5月18日に制定され、施行は3年後の2010年5月18日である。この法律は、日本国憲法第96条に定める日本...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android