コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

労働者制定法 ろうどうしゃせいていほうStatute of Labourers

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

労働者制定法
ろうどうしゃせいていほう
Statute of Labourers

14世紀半ば以降イギリスで制定された労働者規制法。特に 1351年の立法が代表的。黒死病大流行による農村人口の減少と農業労働者の賃金の高騰が深刻化したため,低賃金の農村労働力確保と物価統制を目的に,1349年に勅令が発布された。それをさらに詳細,厳密に規定したのが 1351年の立法で,封建領主層の利益を代表した。しかし農民の抵抗と労働力の不足によって特に効果は得られず,のちのワット・タイラーの一揆 (1381) やジャック・ケイドの一揆 (1450) に代表されるイギリス農民一揆一因ともなった。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

ユニコーン企業

企業としての評価額が10億ドル(約1250億円)以上で、非上場のベンチャー企業を指す。ベンチャー企業への投資を専門的に行う投資会社を「ベンチャーキャピタル(venture capital)」と呼ぶが、...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android