コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

労働貨幣 ろうどうかへい labour note; Arbeitsgeld

2件 の用語解説(労働貨幣の意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

労働貨幣
ろうどうかへい
labour note; Arbeitsgeld

一定量の労働をもって貨幣に代替するという考えから案出された労働券をいう。こうした提案は J.グレー,R.オーウェン,P.プルードンなどによってなされ,オーウェンは実際にみずからの主宰する労働交換所で使用したが失敗に終った。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

労働貨幣
ろうどうかへい
labour note英語
Arbeitsgeldドイツ語

19世紀前半ごろを中心に、社会問題解決のための一つの手段として提唱された考え方で、一般的には、貨幣のかわりに、商品生産に投下された労働時間を直接表示した紙券を用いるべきだというもの。この紙券が労働貨幣である。J・グレー、R・オーエン、P・J・プルードン、J・C・ロートベルトゥスらによって提唱されたが、各人の具体的構想は同一ではない。なかでも協同組合の創始者でもあるオーエンは、1832年に労働貨幣によって労働生産物を交換する国民公平労働交換所を創設し、労働貨幣を実際に使用したが、3年足らずで失敗している。労働貨幣論は、諸商品の内在的価値尺度である労働時間の必然的な現象形態が、価値尺度としての貨幣なのである、という貨幣発生の必然性に対する無理解によって生じた。商品生産の基礎のうえで「労働貨幣」を構想することは、浅薄なユートピア主義だとカール・マルクスによって批判されたことは有名である。[齊藤 正]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ) この辞書の凡例を見る
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

労働貨幣の関連キーワード銀本位制度金約款商品貨幣信用貨幣正貨秤量貨幣正金鋳造貨幣名目貨幣児童労働・年少労働

今日のキーワード

大統領補佐官

各種政策の立案その他に関し,側近として大統領に助言する役職だが,実質上はブレーン,顧問として多面的な役割を担う。憲法で定められた唯一の行政責任者である合衆国大統領は,強大な権力を持つにもかかわらず,議...

続きを読む

コトバンク for iPhone