コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

勅許解答権 ちょっきょかいとうけんius respondendi ex auctoritate principis

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

勅許解答権
ちょっきょかいとうけん
ius respondendi ex auctoritate principis

アウグスツス帝が,国家の社会秩序の回復,法の権威の確立という政治的要請から,そのにない手たる法学者の権威を高めるために,特定の卓越した法学者に対し「元首の権威に基づいて解答する」ことを認めた権利。当初この特権を付与された法学者の解答は制度上,法的拘束力をもたなかったが,元首制が展開するにつれて,初めは解答を与えた当該事件にのみ,のちには同種の事件にも法的拘束力が及ぶようになった。ここに学説法としてのローマ法が成立するが,他面法学者は国家意思に従属する一機関になり,法学の御用化が始ることになった。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

勅許解答権の関連キーワード古典ローマ法

今日のキーワード

天網恢恢疎にして漏らさず

《「老子」73章から》天の張る網は、広くて一見目が粗いようであるが、悪人を網の目から漏らすことはない。悪事を行えば必ず捕らえられ、天罰をこうむるということ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android