コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

動吻類 どうふんるいKinorhyncha

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

動吻類
どうふんるい
Kinorhyncha

袋形動物門動綱に属する種類の総称。体は長い紡錘形で,体長 0.4mm内外。外見は体節があるように見えるが,内部は節がなく,神経だけがくびれて見えるにすぎない。体表はクチクラが発達し,各節ごとに棘毛が列をなしている。消化管の前端が反転突出する吻をもっているのでその名がある。キョクヒチュウなどが知られており,浅海の砂泥中や海藻の間にすんでいる。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

動吻類
どうふんるい

袋形(たいけい)動物門の一綱Kinorhynchaを構成する顕微鏡視的海産動物群の総称。体は紡錘形、体表はクチクラ化した多くの環帯からなる。頭、頸(けい)、胴の三部が区別できる。頭部には収縮可能な吻部を備え、胴部と尾部には刺状突起を備える属種が多い。砂泥帯や海藻帯に広く生息し、珪藻(けいそう)や有機物を食べる。キクロラガ目7属とホマロラ目4属からなる。日本からはTrachydemusとEchinoderesの2属が採集されている。生息密度が小さいため多くの人の目に触れることは少ない。雌雄異体。孵化(ふか)直後の幼生は毛虫状、体節数と尾部の形状は脱皮とともに変化する。[鈴木 實]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について | 情報 凡例

動吻類の関連キーワード袋形動物鈴木

今日のキーワード

分水嶺

1 分水界になっている山稜(さんりょう)。分水山脈。2 《1が、雨水が異なる水系に分かれる場所であることから》物事の方向性が決まる分かれ目のたとえ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android