コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

動物の行動 どうぶつのこうどうanimal behaviour

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

動物の行動
どうぶつのこうどう
animal behaviour

動物の行動は一般に刺激に対する反応という形で現れる。これらの行動はその動物に生れつき備わっていて,経験や学習によって変ることのない生得的行動 (先天的行動) と,経験や学習によって獲得された習得的行動 (後天的行動) とに分けられる。前者には走光性,走化性などの走性的行動,反射的行動,多くの動物ディスプレイなどにみられる本能的行動などが含まれる。後者には条件づけ,試行錯誤的に習得した学習行動や,高度な洞察に基づく行動などが含まれる。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

動物の行動の関連キーワードドナルド・レッドフィールド グリフィンモーガン(Lloyd Morgan)J.J.v. ユクスキュル北海道旭川市東旭川町倉沼ニューロエソロジーC.L. モーガンC.L. モルガン応用動物行動学会S. ベンザーアフォーダンス生得的解発機構モーガンの公準ティンベルヘンユクスキュルジェニングズ機能局在論グリフィンローレンツリリーサー精神薬理学

動物の行動の関連情報