動物の行動(読み)どうぶつのこうどう(英語表記)animal behaviour

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

動物の行動
どうぶつのこうどう
animal behaviour

動物の行動は一般に刺激に対する反応という形で現れる。これらの行動はその動物に生れつき備わっていて,経験や学習によって変ることのない生得的行動 (先天的行動) と,経験や学習によって獲得された習得的行動 (後天的行動) とに分けられる。前者には走光性,走化性などの走性的行動,反射的行動,多くの動物ディスプレイなどにみられる本能的行動などが含まれる。後者には条件づけ,試行錯誤的に習得した学習行動や,高度な洞察に基づく行動などが含まれる。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

今日のキーワード

夏至

二十四節気の一つであるが,二至 (夏至,冬至) ,二分 (春分,秋分) の四季の中央におかれた中気。夏至は太陰太陽暦の5月中 (5月の後半) のことで,太陽の黄経が 90°に達した日 (太陽暦の6月 ...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

動物の行動の関連情報