コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

動物言語 どうぶつげんごanimal language

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

動物言語
どうぶつげんご
animal language

人間以外の動物にも,ある種の情報を伝達する手段がみられることがある。これを人間の言語になぞらえて動物言語と呼ぶ。テナガザルが仲間を呼び集めたり危険を知らせたりするために発する何種類かの叫び声や,蜜のありかを飛翔の角度と速さで仲間に伝えるいわゆるミツバチのダンスなどはよく知られている。最近ではイルカの情報伝達を調べている学者もいる。しかし,人間の言語の,一定の数の音素の組合せである意味を表わす形態素ができ,形態素の配列で文ができるという特徴 (二重分節という) や異なる意味を表わす数千をこえる形態素があるという特徴は,ほかの動物の伝達手段には見出されず,この点で人間の言語と根本的に異なる。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

今日のキーワード

分水嶺

1 分水界になっている山稜(さんりょう)。分水山脈。2 《1が、雨水が異なる水系に分かれる場所であることから》物事の方向性が決まる分かれ目のたとえ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

動物言語の関連情報