コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

動脈硬化と漢方薬 どうみゃくこうかとかんぽうやく

1件 の用語解説(動脈硬化と漢方薬の意味・用語解説を検索)

家庭医学館の解説

どうみゃくこうかとかんぽうやく【動脈硬化と漢方薬】

 動脈硬化漢方薬で治す研究が、日本と中国との間で進められています。
 治療薬として有望視されているのは、小柴胡湯(しょうさいことう)、大柴胡湯(だいさいことう)、薬用にんじんなどです。
 動脈硬化の治療薬は、長期間、服用しなければなりませんが、もし、漢方薬で治療できるとなると、副作用の心配がないだけに、大きな朗報(ろうほう)といえるでしょう。
 また、動脈硬化に有効な薬膳(やくぜん)(滋養のある食品に漢方薬を加えた中国の料理)の研究も行なわれています。

出典|小学館
家庭医学館について | 情報

今日のキーワード

エンゲルの法則

家計の総消費支出に占める飲食費の割合 (エンゲル係数 Engel coefficientと呼ぶ) は,所得水準が高く,したがって総消費支出が大きいほど低下するというもの。エンゲル係数は国民の消費生活面...

続きを読む

コトバンク for iPhone