大柴胡湯(読み)ダイサイコトウ

病院でもらった薬がわかる 薬の手引き 電子改訂版「大柴胡湯」の解説

大柴胡湯

(大杉製薬、大峰堂薬品工業、クラシエ製薬、クラシエ薬品、康和薬通、小太郎漢方製薬、三和生薬、ジェーピーエス製薬、太虎精堂製薬、高砂薬業、ツムラ、帝國漢方製薬、帝國製薬、東洋薬行、本草製薬、松浦薬業)


 高血圧症石症胆嚢炎たんのうえん気管支喘息ぜんそく糖尿病便秘肥満症黄疸おうだん肝機能障害ツムラのみ)などの治療薬です。


 胸脇苦満が強く、便秘がちで、そのほか吐き気、食欲不振、耳鳴り、肩こりなどの症状のみられる、体格もよく体力もある人に用います。


下痢のある人、著しく胃腸の弱い人、体力が極端に衰えている人、妊婦、現在妊娠する可能性のある人、ほかの薬を用いている人は、あらかじめ医師に報告してください。


②副作用として、食欲不振・下痢などの胃腸症状や黄疸をおこすことがあります。


③間質性肺炎や肝機能障害、黄疸が現れたら、服用を止め、医師に報告してください。


④指示された期間用いても症状が改善しないときは、医師に報告してください。

出典 病院でもらった薬がわかる 薬の手引き 電子改訂版病院でもらった薬がわかる 薬の手引き 電子改訂版について 情報

漢方薬・生薬・栄養成分がわかる事典「大柴胡湯」の解説

だいさいことう【大柴胡湯】

漢方薬の一つ。生薬(しょうやく)柴胡半夏(はんげ)黄芩(おうごん)芍薬(しゃくやく)大棗(たいそう)枳実(きじつ)生姜(しょうきょう)大黄(だいおう)などを含む。漢方の古典『傷寒論(しょうかんろん)』などに処方が示されている。肝炎胆(たんせき)石胃腸疾患便秘高血圧高脂血症気管支喘息(ぜんそく)腰痛じんましんなど広範囲な疾患に用い、上腹部が張って苦しい、耳鳴りめまい肩こり胸部の広い圧痛といった症状がともなうとき、とくに有効とされる。体格が頑丈で体力のある人がおもな対象。

出典 講談社漢方薬・生薬・栄養成分がわかる事典について 情報

精選版 日本国語大辞典「大柴胡湯」の解説

だい‐さいことう ‥サイコタウ【大柴胡湯】

〘名〙 漢方の薬方の一つ。柴胡、半夏、生姜、芍薬、大黄などで処方され、肝炎・喘息・便秘などのときに煎剤として用いられる。
※安愚楽鍋(1871‐72)〈仮名垣魯文〉三「葛根湯だとか大柴胡湯(だいサイコトウ)だとかあるひは薬名も大黄人参甘草陳皮ぐらいはおぼへておるが」

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

今日のキーワード

完全試合

野球で,先発投手が相手チームを無安打,無四死球に抑え,さらに無失策で一人の走者も許さずに勝利した試合をいう。 1956年ニューヨーク・ヤンキーズのドン・ラーセン投手がワールドシリーズでブルックリン・ド...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android