コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

薬膳 やくぜん

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

薬膳
やくぜん

健康維持や健康増進,病気の予防・治療,不老長寿などを目的とした中国発祥の料理,献立。日々の食事(食養生)は薬の投与と源は同じである,とする中国古来の思想(薬食同源)から生まれた。中国最古の医書黄帝内経』の『素問』には穀畜菜果(一般の食物)をとることが健康保持の基本であるという記述がみられる。薬膳では,すべての食物は五味(酸味,苦味,甘味,辛味,塩味)と五性(熱性,温性,平性,涼性,寒性)の特性をもつと考えられる。目的の効果を得るためには,五味五性をいかして食材を選ぶこと,さらに摂取する人の体の状態や体質,気候との適合を考慮することが重視される。漢方薬生薬を用いる場合も多い。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

朝日新聞掲載「キーワード」の解説

薬膳

全日本薬膳食医情報協会によると、薬膳とは生薬だけでなく穀物や野菜、肉や魚など普段食べている食材を使い、中国伝統医学に基づいて調理したもの。季節ごとに「体を温める食材」「体を冷やす食材」などを使い分けることで、病気を予防する食生活を実践できるという。

(2009-02-23 朝日新聞 朝刊 鳥取全県 1地方)

出典 朝日新聞掲載「キーワード」朝日新聞掲載「キーワード」について 情報

デジタル大辞泉の解説

やく‐ぜん【薬膳】

漢方薬の材料を使った中国料理。健康保持のための食事として、中国の医食同源(薬食同源)の考えから生まれたもの。

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

百科事典マイペディアの解説

薬膳【やくぜん】

中国料理の底流には〈医食同源〉という考え方があり,すべての食物は薬品としての効能も併せもっているとされている。この考え方に基づき,漢方薬の素材や異なる薬効のある食物を取り合わせ,健康増進を図ろうとする食事を薬膳という。

出典 株式会社日立ソリューションズ・クリエイト百科事典マイペディアについて 情報

大辞林 第三版の解説

やくぜん【薬膳】

健康法の一。生薬や漢方薬を食事の中に取り入れること。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

薬膳の関連キーワード漢方の食事で元気になる外国料理のトレンド動脈硬化と漢方薬その他の食肉「同物同治」山田まりや熊澤枝里子ホタテガイ旗本由紀子阿部哲子中山知紗天野里咲佐伯桃子ハマグリ薬用植物クコの実坂口陽香川島令美杉咲佳穂池田陽子

今日のキーワード

いい夫婦の日

11月22日。通商産業省(現経済産業省)が制定。パートナーへの感謝の意を示し、絆を深める。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

薬膳の関連情報