勘問(読み)カンモン

デジタル大辞泉の解説

かん‐もん【勘問】

取り調べること。責め問うこと。
「獄(ひとや)に居る事既に五、六度になると云ふとも、度毎に必ず―する事なし」〈今昔・一三・一〇〉

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

大辞林 第三版の解説

かんもん【勘問】

取り調べて罪を問いただすこと。 「 -せらるるに、皆進みて咎とがに落ちにける/今昔 23

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

精選版 日本国語大辞典の解説

かん‐もん【勘問】

〘名〙 罪状を調べながら訊問すること。責め問うこと。
※菅孝次郎氏所蔵文書‐天平勝宝三年(751)五月二一日・下総国司解「件婢等以今年五月六日迯来、即捉正身申送者、国勘問、申云」
※今昔(1120頃か)二三「維衡をば左衛門の府弓場(ゆば)に被下れ、致頼をば右衛門の府の弓場に被下されて、共に被勘問(かんもんせらるる)に」 〔白居易‐奏所聞状〕

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

公示地価

地価公示法(昭和44年法律第49号)に基づき、国土交通省が毎年1回公示する標準地の価格のこと。「住宅地」「商業地」「宅地見込地」「準工業地」「工業地」「市街化調整区域内宅地」「市街化調整区域内林地」に...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android