コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

かん

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説


かん

分析的な思考によらないで直観的に物事の真相をとらえる精神作用。ある盲人が通りすがりの人の足音を聞いてその人の性別,年齢,職業などを言いあてるとか,ある敏腕な刑事が些細な偶然的な出来事から何か「ピンとくる」ものを感じ取るというような場合である。このような働きはだれでもが一朝一夕にして身につけるようになるものではなく,長時日の経験の積重ねから生れるものである。黒田亮の『勘の研究』 (1933) が著名。 (→インスピレーション )

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

デジタル大辞泉の解説

かん【勘】

物事の意味やよしあしを直感的に感じとり、判断する能力。「が働く」
古文書で、内容の了解を示す符号や点。

かん【勘】[漢字項目]

常用漢字] [音]カン(漢) [訓]かんがえる
考え合わせる。つき合わせて調べる。「勘案勘考勘合勘定校勘
罪を調べただす。「勘気勘当/推勘・勅勘
直感。第六感。「勘所(かんどころ)山勘(やまかん)
「勘定」の略。「割勘
[名のり]さだ・さだむ・のり
[難読]勘解由使(かげゆし)

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

世界大百科事典 第2版の解説

かん【勘】

勘がよいとか勘が働くといったかたちで日常よく使われる言葉であり,一方では事柄の直観的全体的な認識判断をさし,また他方では動作習熟上での〈こつ〉とほぼ同義に用いられる。心理学者黒田亮は通俗的に用いられる勘の語義として,次のようなものを挙げた。直覚,いわゆる〈第六感〉,虫の知らせ,無意識および下意識,練習による機械化や自動化,技神に入るの妙,神徠(しんらい),霊感,悟り,禅,三昧(ざんまい),以心伝心手加減,こつ,呼吸,手心

出典 株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について 情報

大辞林 第三版の解説

かん【勘】

物事を直感的に感じ取る能力。第六感。 「 -がいい」 「 -が狂う」 「 -に頼る」 「 -がはたらく」
よく調べて考えること。罪を調べただすこと。 「御-なる、昨日の事なり/御湯殿上 大永八

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説


かん

直観的に事柄を感知したり、判断したり、行動したりする心の働きをさす。通常の視覚・聴覚・触覚などの五感を超えた能力とみられるときには第六感ともいわれるが、既知の感覚器官をまったく媒介としない超感覚extra sensory perceptionとは区別される。また、問題解決の場面で、自己の意志統制を超え、たまたま出現した着想としていうときには、外来語のインスピレーションinspirationと同義で、ひらめき、啓示などを意味する。この際には長い思考のあとに出現する働きをさすが、模索から解放された劇的な感動を自覚する。しかし、勘はかならずしも長期の経験を前提とするのではなく、勘がいい人・悪い人などといわれるように、生得的な個人差のある潜在的能力にも用いられる。
 勘は認知面についていわれるだけでなく、動作、作業の行動面についてもいわれる。日常いわれる運動神経がよいということにも通じ、巧みな運動、器用な動作の能力を意味することもある。
 勘は学習過程、心的活動の遂行を促進するものとしての積極的な働きをさすが、これに対立する消極的な働きをさすものとして、固着fixation、硬さrigidityなどの抑制作用があげられる。ある事態で効果をもった機能が固定化し、新しい事態(問題場面)に適切に効果をもつ機能を妨害するのが固着であり、また、つねに一つの態度に固執し、融通な態度をとりえないのは性格の硬さといわれる。[小川 隆]

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

勘の関連キーワード藤間 勘右衛門(2代目)藤間 勘十郎(5代目)藤間 勘十郎(4代目)中島勘左衛門(5代)藤間勘右衛門(初代)藤間 勘祖(2代目)田中伝左衛門(6世)中島勘左衛門(6代)藤間勘右衛門(2代)藤間 勘奴(2代目)藤間勘十郎(8代)藤間勘十郎(3代)藤間よし(初代)藤間勘祖(3代)藤間勘祖(2代)藤間よし(2代)西川扇蔵(6代)加藤勘六(2代)宗家藤間流山が当たる

勘の関連情報