コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

勝元鈍穴 かつもと どんけつ

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

勝元鈍穴 かつもと-どんけつ

1810-1889 江戸後期-明治時代の築庭家。
文化7年6月15日生まれ。辻宗範にまなび,関東から近畿地方にかけて527の庭園をつくったという。出身地滋賀県長浜市の一帯では「鈍穴の庭」とよばれる。明治22年4月9日死去。80歳。字(あざな)は子接。通称は源吾別号茶道宗益,文人画で蘭谷,蘭岳。著作に「造庭伝」。

出典 講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて 情報 | 凡例

勝元鈍穴の関連キーワード勝元源吾明治時代

今日のキーワード

ICT

情報・通信に関する技術の総称。従来から使われている「IT(Information Technology)」に代わる言葉として使われている。海外では、ITよりICTのほうが一般的である。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android