コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

勝瑞 しょうずい

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

勝瑞
しょうずい

徳島県北東部,徳島平野の北部にある藍住町の集落。延元2 (1337) 年細川頼春勝瑞城を築き,以来江戸時代初期まで阿波の行政の中心地。またアイ栽培の中心地でもあった。勝瑞城跡,三好氏菩提寺の見性寺があり,絹本着色三好長基像・同三好長輝像の文化財が収蔵されている。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

勝瑞の関連キーワード徳島県板野郡藍住町勝瑞北島(町)藍住[町]藍住(町)三好(市)徳島(県)三好長治細川持隆細川晴元細川詮春三好義賢十河一存賀集珉平忠津則清大西覚養岡本牧西細川真之橘元景

今日のキーワード

天網恢恢疎にして漏らさず

《「老子」73章から》天の張る網は、広くて一見目が粗いようであるが、悪人を網の目から漏らすことはない。悪事を行えば必ず捕らえられ、天罰をこうむるということ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

勝瑞の関連情報