コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

徳島平野 とくしまへいや

6件 の用語解説(徳島平野の意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

徳島平野
とくしまへいや

徳島県北部,吉野川流域に広がる低地。別称吉野川平野。西端の三好市を頂点に楔形をなし,東西約 80km,東端における南北の幅は約 16km。西南日本を東西に走る中央構造線上にあり,北側は中生代和泉砂岩層で風化を受けやすく,讃岐山脈南麓には扇状地が発達している。扇状地末端の湧泉帯に集落が発達し,かつてはクワ,サトウキビの畑作地帯であったが,のちに阿波用水,北岸用水が引かれ水田化された。国の天然記念物に指定されている阿波の土柱の奇景は吉野川北岸の阿波市にみられる。一方,南岸の山地は結晶片岩で風化されにくいが,吉野川の支流に沿って自然堤防が発達し,集落が立地する。島,塚,須賀の地名はこれを示す。平野全体は,勝浦川那賀川下流域が阿波の「南方 (みなみがた) 」と呼ばれるのに対して,阿波の「北方 (きたがた) 」と呼ばれ,早くから畑作が主体で,農作物はアイ (藍) からダイコン,タバコ,ウリ類,花卉と変化している。下流域の低湿地はレンコン栽培地帯,北島町は水に恵まれ工業地帯をなす。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

デジタル大辞泉の解説

とくしま‐へいや【徳島平野】

徳島県北部に広がる平野。吉野川の中・下流域の沖積平野で、畑作農業が主。平野周辺はミカンの栽培が盛ん。かつては藍(あい)の生産で有名だった。中心都市は徳島市で、臨海部は化学工業地帯。吉野川平野。

出典|小学館
デジタル大辞泉について | 情報 凡例

百科事典マイペディアの解説

徳島平野【とくしまへいや】

徳島県北東部,吉野川下流の沖積平野。南北を断層で限られた東西約80km,東端の南北約16kmのくさび形を呈し,北部に扇状地,南部に河岸段丘洪積台地が発達。藩政期にはアイ()作の中心地。
→関連項目鴨島[町]北島[町]松茂[町]

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
百科事典マイペディアについて | 情報

世界大百科事典 第2版の解説

とくしまへいや【徳島平野】

徳島県北部,吉野川中・下流部の平野で,河口部は紀伊水道に臨む。吉野川平野ともいう。中央構造線に沿って東西に細長くのび,池田町付近を頂点として東西約80km,南北約10km(河口部)の楔(くさび)形をなす。標高5m以下に相当する下流部の三角州低地は,縄文時代の海進時には海水域だったところで,沖積層の厚さは河口部で40mにも達する。吉野川の中流部北岸,すなわち讃岐山脈南麓には扇状地が並列し,南岸には河岸段丘が発達している。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
世界大百科事典 第2版について | 情報

日本の地名がわかる事典の解説

〔徳島県〕徳島平野(とくしまへいや)


徳島県北東部の平野。吉野(よしの)川中・下流域を占め、河口部は紀伊(きい)水道に面する。中央構造線に沿い東西約70km、河口部は南北約15kmの三角州をなす沖積(ちゅうせき)平野。北の讃岐(さぬき)山脈山麓(さんろく)は複合扇状地が発達。南の剣(つるぎ)山地は風化・浸食され、段丘・台地となっている。江戸時代はアイ栽培の中心地。近年、蔬菜(そさい)・花卉(かき)などの栽培が盛ん。三角州では米・レンコンなどを産出。海岸部は臨海工業地帯として発展。

出典|講談社
日本の地名がわかる事典について | 情報 凡例

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

徳島平野
とくしまへいや

徳島県北部、吉野川中・下流域の沖積平野。河口部は南北14キロメートル、東西は河口部から西限の三好(みよし)市池田町まで約80キロメートルに及び、二等辺三角形の形をした平野である。吉野川の北岸は、風化しやすい和泉(いずみ)砂岩からなる讃岐(さぬき)山脈の南麓(なんろく)にあたり、扇状地が発達している。一方、吉野川南岸は四国山地の一部剣(つるぎ)山地の山麓で、結晶片岩のため風化侵食されにくく、扇状地は形成されない。
 徳島平野は阿波北方(あわきたがた)とよばれる地域であり、畑作農業が主体である。江戸時代にはアイ作が中心であったが、ダイコン、蔬菜(そさい)、花卉(かき)栽培などに移行している。平野東部の吉野川河口の三角州低地は、縄文海進時の海域で、現在の地表高度は海抜5メートル以下に相当する。この地域の土地利用は米の二期作から、米作と蓮根(れんこん)栽培、米作とウナギ養殖へと変化している。また吉野川の伏流水に恵まれた北島町周辺は深井戸による地下水を利用し、化学工業地帯を形成している。[高木秀樹]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)
日本大百科全書(ニッポニカ)について | 情報 凡例

今日のキーワード

エンゲルの法則

家計の総消費支出に占める飲食費の割合 (エンゲル係数 Engel coefficientと呼ぶ) は,所得水準が高く,したがって総消費支出が大きいほど低下するというもの。エンゲル係数は国民の消費生活面...

続きを読む

コトバンク for iPhone