コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

勝田吉太郎 かつた きちたろう

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

勝田吉太郎 かつた-きちたろう

1928- 昭和後期-平成時代の政治学者。
昭和3年2月5日生まれ。京大で滝川幸辰(ゆきとき)にまなび,政治哲学を研究。昭和38年京大教授となり,平成4年奈良県立商大学長,6年鈴鹿国際大学長。自由擁護の立場から社会主義や進歩的知識人を批判し,憲法改正を主張する。愛知県出身。著作に「近代ロシア政治思想史」「民主主義の幻想」「核の論理再論―日本よ、どこへ行く」など。

出典|講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて | 情報 凡例

勝田吉太郎の関連キーワードスラボフィルロシア哲学集産主義

今日のキーワード

明鏡止水

《「荘子」徳充符から》曇りのない鏡と静かな水。なんのわだかまりもなく、澄みきって静かな心の状態をいう。「明鏡止水の心境」...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android