コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

滝川幸辰 たきかわゆきとき

7件 の用語解説(滝川幸辰の意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

滝川幸辰
たきかわゆきとき

[生]1891.2.24. 岡山
[没]1962.11.16. 京都
日本を代表する刑法学者。日本刑法学会の初代理事長をつとめた。 1915年京都帝国大学独法科を卒業後,18年同大学助教授,24年には教授となった。 33年,著書の一つである『刑法読本』や講演内容が思想的に問題があるとされ,当時の文部大臣鳩山一郎から辞職要求が出された。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル大辞泉の解説

たきかわ‐ゆきとき〔たきかは‐〕【滝川幸辰】

[1891~1962]刑法学者。岡山の生まれ。京都帝国大学教授のときに滝川事件が起きて休職を命じられた。第二次大戦後に復職し、その後法学部長・総長を歴任。著「刑法講義」「激流」など。→滝川事件
[補説]「たきがわゆきとき」と読まれる場合もあるが、京都大学人事記録に拠って「たきかわ」とした。

たきがわ‐ゆきとき〔たきがは‐〕【滝川幸辰】

たきかわゆきとき

出典|小学館 この辞書の凡例を見る
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

滝川幸辰 たきがわ-ゆきとき

1891-1962 大正-昭和時代の法学者。
明治24年2月24日生まれ。ドイツで刑法をまなび,大正13年母校京都帝大の教授。著作「刑法読本」などが危険思想とされ,昭和8年休職処分をうけ,法学部教授会がこれに抗議して滝川事件がおきた。21年復職,28年京大総長。昭和37年11月16日死去。71歳。岡山県出身。著作はほかに「刑法講義」「犯罪論序説」など。

出典|講談社 この辞書の凡例を見る
(C)Kodansha 2015.
書籍版「講談社 日本人名大辞典」をベースに、項目の追加・修正を加えたデジタルコンテンツです。この内容は2015年9月に更新作業を行った時点での情報です。時間の経過に伴い内容が異なっている場合がございます。

世界大百科事典 第2版の解説

たきかわゆきとき【滝川幸辰】

1891‐1962(明治24‐昭和37)
刑法学者。岡山市生れ。1915年京都帝大法科卒。同年司法省に入り判事を務めたあと,18年京大助教授,24年教授となり刑法を担当。この間1922年から24年までドイツに留学,M.E.マイヤーなどに師事。《刑法総論》《刑法各論》において罪刑法定主義を強調する客観主義的立場と,犯罪の根源は社会にあるという思想を結びつけた刑法理論を主張した。1932年中央大学における〈《トルストイの《復活》に現はれた刑罰思想〉と題する講演や著書《刑法読本》などが右翼団体の攻撃を受け,33年文部省により休職処分を受けた。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

大辞林 第三版の解説

たきがわゆきとき【滝川幸辰】

1891~1962) 刑法学者。岡山県出身。京大教授。刑法は個人の人権を守るためにあるという自由主義的な刑法学説を主張。滝川事件で大学を追われた。第二次大戦後復職。京大総長。著「刑法読本」「刑法講話」「犯罪論序説」

出典|三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

滝川幸辰
たきかわゆきとき
(1891―1962)

刑法学者。「たきがわ~」とも読む。岡山県に生まれる。京都帝国大学卒業後、いったん京都地方裁判所判事となったが、1918年(大正7)京都帝国大学法科大学助教授に転官し、刑事法学を担当。2年余のドイツ留学ののち24年同教授となる。33年(昭和8)いわゆる滝川事件(京大事件)が起こり、同年5月26日に政府から休職を命ぜられ、終戦後まで刑事専門の弁護士として活躍。46年(昭和21)ふたたび京都帝国大学教授に復職し、以後、同大学法学部長・総長を歴任。その間、日本刑法学会理事長、日本学士院会員となる。その学風は古典主義的な応報刑論、客観主義刑法理論で、個人の人権保障を強調するところから、日本に構成要件論を導入したことで有名。[西原春夫]
『滝川幸辰著『激流』(1963・河出書房新社) ▽団藤重光他編『滝川幸辰 刑法著作集』全五巻(1981・世界思想社)』

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ) この辞書の凡例を見る
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典内の滝川幸辰の言及

【刑法理論】より

…牧野は,目的刑論,とくに教育刑論と主観主義犯罪論を強く主張した。これに対して,旧派を代表したのは,小野清一郎滝川幸辰(ゆきとき)であった。小野と滝川は,応報刑論と客観主義犯罪論をとった点では同様であったが,その基礎と内容には異質のものがあった。…

【滝川事件】より

…1933年京都帝国大学教授滝川幸辰(ゆきとき)と京都帝国大学に対する思想および学問の自由,大学の自治(教授会の自治)の弾圧事件。京大事件ともいう。…

※「滝川幸辰」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

滝川幸辰の関連キーワード平沢興井上密岩井孝義遠藤中節大森忠夫神原甚造田岡良一土井十二平場安治宮本英脩

今日のキーワード

災害派遣

天災地変その他の災害に際して,人命または財産の保護のために行なわれる自衛隊の派遣。災害出動ともいう。都道府県知事などの要請に基づいて,防衛大臣が派遣することを原則とするが,特に緊急を要する場合,要請を...

続きを読む

コトバンク for iPhone

滝川幸辰の関連情報