コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

勝田季鳳 かつた きほう

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

勝田季鳳 かつた-きほう

1795-1822 江戸時代後期の儒者,医師。
寛政7年豊後(ぶんご)(大分県)日出(ひじ)藩医の家に生まれる。帆足万里(ほあし-ばんり)に儒学を,のち京都で藤林普山(ふざん)に蘭学をまなぶ。帰郷して藩医となったが,文政5年6月27日死去。28歳。万里の口述をまとめた「窮理小言」がある。名は之徳。通称は新蔵

出典|講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて | 情報 凡例

勝田季鳳の関連キーワードシラー(Friedrich von Schiller)フランス史(年表)藩学一覧宇田川榕菴エッジワース国民公会スタニスワフ・アウグスト・ポニャトフスキ総裁政府カメハメハ1世ゲーテ

今日のキーワード

気が置けない

遠慮したり気をつかったりする必要がなく、心から打ち解けることができる。「―◦ない間柄」[補説]文化庁が発表した「国語に関する世論調査」で、「その人は気が置けない人ですね」を、「相手に対して気配りや遠慮...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android