コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

帆足万里 ほあし ばんり

美術人名辞典の解説

帆足万里

江戸後期の儒者・理学者。豊後生。典膳の子。通称は里吉、字は鵬卿、号は愚亭、文簡等。脇愚山につき、西山奄精舎を作り、のち藩校教授・家老となり、藩校改革にあたる。またオランダ語を修得し、ヨーロッパの自然科学を学び、『窮理通』『医学啓蒙』等を著わした。嘉永5年(1852)歿、75才。

出典|(株)思文閣美術人名辞典について | 情報

デジタル大辞泉の解説

ほあし‐ばんり【帆足万里】

[1778~1852]江戸後期の儒学者・理学者。豊後(ぶんご)の人。字(あざな)は鵬卿。通称、里吉。西欧近世科学を移入し、三浦梅園の説を発展させた。また、豊後日出(ひじ)藩家老として藩政を改革。著「窮理通」「東潜夫論」など。

出典|小学館デジタル大辞泉について | 情報 凡例

百科事典マイペディアの解説

帆足万里【ほあしばんり】

江戸後期の自然哲学者,豊後(ぶんご)国日出(ひじ)藩の家老。字は鵬卿(ほうけい),号は西【えん】(せいえん)。脇蘭室(わきらんしつ)の門に入り,三浦梅園の学説に触れた。
→関連項目ミュッセンブルーク

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト百科事典マイペディアについて | 情報

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

帆足万里 ほあし-ばんり

1778-1852 江戸時代後期の儒者。
安永7年1月15日生まれ。豊後(ぶんご)(大分県)日出(ひじ)藩の家老の子。脇(わき)愚山にまなび,亀井南冥(なんめい),皆川淇園(きえん)らとまじわる。文化元年藩儒,天保(てんぽう)3年家老となり藩政を改革。独学で蘭学をおさめ,「窮理通」をあらわす。嘉永(かえい)5年6月14日死去。75歳。字(あざな)は鵬卿。通称は里吉。号は文簡,愚亭。著作に「東潜夫論」「医学啓蒙」など。

出典|講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて | 情報 凡例

世界大百科事典 第2版の解説

ほあしばんり【帆足万里】

1778‐1852(安永7‐嘉永5)
幕末期の科学史家,経世論者。豊後日出(ひじ)藩の上級士の家に生まれた。万里は実名で,通称を里吉,字を鵬卿。少年期より近郷の脇蘭室に儒学を学び,青年期に関西の中井竹山,皆川淇園,ついで福岡の亀井南冥に教えを請い,とくに竹山の影響をうけた。1804年(文化1)藩儒となり,自宅にも塾を設け子弟を養育した。蘭室の師三浦梅園の条理学が思弁にすぎる弊を正し〈其ノ物ニ徴シテ理見(あら)ハル〉学を求めてそれを蘭学に見いだし,蘭語を独修し蘭書10余種を読解し,1836年(天保7)のころ《窮理通》8巻を著した。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

大辞林 第三版の解説

ほあしばんり【帆足万里】

1778~1852) 江戸後期の儒者・理学者。字あざなは鵬卿、号は愚亭。豊後日出ひじ藩家老の家に生まれる。郷土の先覚三浦梅園の条理学を基礎とし、物理学を中心に自然科学を研究。藩校教授、のち家老となり藩政を改革。著「窮理通」「東潜夫論」「医学啓蒙」など。

出典|三省堂大辞林 第三版について | 情報

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

帆足万里
ほあしばんり

[生]安永7(1778)
[没]嘉永5(1852).6.14.
江戸時代後期の自然哲学者,経世家。豊後日出 (ひじ) 藩の家老帆足 (本姓清原) 通文の子。字は鵬卿。号は愚亭。 14歳から三浦梅園の門人脇愚山に学び,21歳のとき大坂の中井竹山,次いで京都の皆川淇園をたずねたがいずれも心に合せず帰郷した。 27歳のとき藩学の教授にあげられ,かたわら私塾を開いたが来学する者常に数百人に及んだという。父と親交があり,愚山の師であった梅園の学説に触発されて究理の学つまり科学に関心をいだいて『窮理通』を著わした (1810,36) 。これは梅園の条理学が神秘的思弁的性格を有していたのに対して蘭書を通じて得た実証的な近代科学の方法の理解のうえに立つものであった。その内容は,原暦,大界,小界,地球,引力,大気,発気,諸生の8編より成り,自然科学を中心に生物,人種,国民性にまで及ぼうとした総合的な近代科学の叙述である。さらに同書の特色は類書におけるように西洋自然科学書の翻訳,紹介に終らず,批判を加えて受容している点で,日本の科学史上特筆すべきことである。ほかに『東潜夫論』 (44) ,『入学新論』 (44) など。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

帆足万里
ほあしばんり
(1778―1852)

江戸末期の漢学者、理学者。豊後(ぶんご)国(大分県)日出(ひじ)藩の上級士の家に生まれる。通称は里吉、字(あざな)は鵬郷、号は愚亭、万里は諱(いみな)である。初め生国で脇蘭室(わきらんしつ)(1764―1814)に、ついで大坂の中井竹山(なかいちくざん)、博多(はかた)の亀井南冥(かめいなんめい)、京都の皆川淇園(みながわきえん)らに師事して漢学を修め、1804年(文化1)藩校の教授となり、また塾を開いた。1832年(天保3)藩家老となって藩政改革にあたり、1835年職を辞し、以後は塾での教育に専心した。この間、40歳代にオランダ語を修得し、ヨーロッパの天文学書や自然科学入門書などを読み、その紹介とともに批判や独自の見解も加えた『窮理通(きゅうりつう)』(全8巻)を著した(没後刊行)。医学でも漢方と洋方の折衷論を述べた『医学啓蒙(けいもう)』(1846)、国家体制の改革を論じた『東潜夫論(とうせんぷろん)』(1844)などの著作、『周易』『春秋左氏伝』『大学』『論語』などの標註(ひょうちゅう)も多い。[渡辺 伸]
『帆足図南次書『帆足万里』(1966・吉川弘文館)』

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について | 情報 凡例

367日誕生日大事典の解説

帆足万里 (ほあしばんり)

生年月日:1778年1月15日
江戸時代後期の儒学者
1852年没

出典|日外アソシエーツ「367日誕生日大事典」367日誕生日大事典について | 情報

世界大百科事典内の帆足万里の言及

【窮理通】より

…豊後日出(ひじ)の儒者帆足万里が1836年(天保7)完成した西欧物理学の体系的な紹介書。8巻。…

【経世済民論】より

…彼の晩年には1837年(天保8)のモリソン号事件,40年のアヘン戦争があり,利明の描いた理想的・平和的な西洋像と異なって,情勢は血なまぐさいものとして映った。信淵の絶対王政的な国家論は,富国強兵を国是とし,強大な軍事力を背景として貿易の論理を強力に展開し,その《宇内混同秘策》の広域的侵略主義は,帆足万里の《東潜夫論》などにおいて,いっそう積極的に継承されていく。
[農政家の経世論]
 以上の経世家たちは,おおむね為政者の側から現実を見つめて方策を〈献言〉する形をとった人々である。…

【東潜夫論】より

…3巻。帆足万里の和文の著で1844年(弘化1)になる。王室,覇府,諸侯の3項からなる。…

【部落解放運動】より

…とくに江戸時代後期には,岡山藩で起こった渋染一揆をはじめ,厳しい支配と差別に対する抵抗が強まった。また幕末期には,加賀藩の千秋藤篤(有磯)や日出(ひじ)藩の帆足万里らが身分解放論を唱え,明治維新期には,加藤弘之や大江卓らが賤民身分の廃止を主張した。明治政府は1871年(明治4),その富国強兵政策の一環として,太政官布告により封建的賤民身分の廃止を宣言した(いわゆる〈解放令〉)。…

※「帆足万里」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

帆足万里の関連キーワード安藤 九華加藤竹窓賀来毅篤中村三蕉岡松甕谷勝田季鳳中村栗園豊田九皐米良東嶠高橋東淵高橋敬一生年月日元田竹渓野本白巌賀来惟熊船越清蔵日野鼎哉高谷竜洲安藤大心荻野独園

今日のキーワード

存亡の機

引き続き存在するかここで滅びてしまうかという非常に重大な時。存亡の秋(とき)。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android