コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

帆足万里 ほあし ばんり

8件 の用語解説(帆足万里の意味・用語解説を検索)

美術人名辞典の解説

帆足万里

江戸後期の儒者・理学者。豊後生。典膳の子。通称は里吉、字は鵬卿、号は愚亭、文簡等。脇愚山につき、西山奄精舎を作り、のち藩校教授・家老となり、藩校改革にあたる。またオランダ語を修得し、ヨーロッパ自然科学を学び、『窮理通』『医学啓蒙』等を著わした。嘉永5年(1852)歿、75才。

出典|(株)思文閣
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル大辞泉の解説

ほあし‐ばんり【帆足万里】

[1778~1852]江戸後期の儒学者・理学者。豊後(ぶんご)の人。字(あざな)は鵬卿。通称、里吉。西欧近世科学を移入し、三浦梅園の説を発展させた。また、豊後日出(ひじ)藩家老として藩政を改革。著「窮理通」「東潜夫論」など。

出典|小学館 この辞書の凡例を見る
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

百科事典マイペディアの解説

帆足万里【ほあしばんり】

江戸後期の自然哲学者,豊後(ぶんご)国日出(ひじ)藩の家老。字は鵬卿(ほうけい),号は西【えん】(せいえん)。脇蘭室(わきらんしつ)の門に入り,三浦梅園の学説に触れた。
→関連項目ミュッセンブルーク

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. ご提供する『百科事典マイペディア』は2010年5月に編集・制作したものです

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

帆足万里 ほあし-ばんり

1778-1852 江戸時代後期の儒者。
安永7年1月15日生まれ。豊後(ぶんご)(大分県)日出(ひじ)藩の家老の子。脇(わき)愚山にまなび,亀井南冥(なんめい),皆川淇園(きえん)らとまじわる。文化元年藩儒,天保(てんぽう)3年家老となり藩政を改革。独学で蘭学をおさめ,「窮理通」をあらわす。嘉永(かえい)5年6月14日死去。75歳。字(あざな)は鵬卿。通称は里吉。号は文簡,愚亭。著作に「東潜夫論」「医学啓蒙」など。

出典|講談社 この辞書の凡例を見る
(C)Kodansha 2015.
書籍版「講談社 日本人名大辞典」をベースに、項目の追加・修正を加えたデジタルコンテンツです。この内容は2015年9月に更新作業を行った時点での情報です。時間の経過に伴い内容が異なっている場合がございます。

世界大百科事典 第2版の解説

ほあしばんり【帆足万里】

1778‐1852(安永7‐嘉永5)
幕末期の科学史家,経世論者。豊後日出(ひじ)藩の上級士の家に生まれた。万里は実名で,通称を里吉,字を鵬卿。少年期より近郷の脇蘭室に儒学を学び,青年期に関西の中井竹山,皆川淇園,ついで福岡の亀井南冥に教えを請い,とくに竹山の影響をうけた。1804年(文化1)藩儒となり,自宅にも塾を設け子弟を養育した。蘭室の師三浦梅園の条理学が思弁にすぎる弊を正し〈其ノ物ニ徴シテ理見(あら)ハル〉学を求めてそれを蘭学に見いだし,蘭語を独修し蘭書10余種を読解し,1836年(天保7)のころ《窮理通》8巻を著した。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

大辞林 第三版の解説

ほあしばんり【帆足万里】

1778~1852) 江戸後期の儒者・理学者。字あざなは鵬卿、号は愚亭。豊後日出ひじ藩家老の家に生まれる。郷土の先覚三浦梅園の条理学を基礎とし、物理学を中心に自然科学を研究。藩校教授、のち家老となり藩政を改革。著「窮理通」「東潜夫論」「医学啓蒙」など。

出典|三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

帆足万里
ほあしばんり

[生]安永7(1778)
[没]嘉永5(1852).6.14.
江戸時代後期の自然哲学者,経世家。豊後日出 (ひじ) 藩の家老帆足 (本姓清原) 通文の子。字は鵬卿。号は愚亭。 14歳から三浦梅園の門人脇愚山に学び,21歳のとき大坂の中井竹山,次いで京都の皆川淇園をたずねたがいずれも心に合せず帰郷した。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

帆足万里
ほあしばんり
(1778―1852)

江戸末期の漢学者、理学者。豊後(ぶんご)国(大分県)日出(ひじ)藩の上級士の家に生まれる。通称は里吉、字(あざな)は鵬郷、号は愚亭、万里は諱(いみな)である。初め生国で脇蘭室(わきらんしつ)(1764―1814)に、ついで大坂の中井竹山(なかいちくざん)、博多(はかた)の亀井南冥(かめいなんめい)、京都の皆川淇園(みながわきえん)らに師事して漢学を修め、1804年(文化1)藩校の教授となり、また塾を開いた。1832年(天保3)藩家老となって藩政改革にあたり、1835年職を辞し、以後は塾での教育に専心した。この間、40歳代にオランダ語を修得し、ヨーロッパの天文学書や自然科学入門書などを読み、その紹介とともに批判や独自の見解も加えた『窮理通(きゅうりつう)』(全8巻)を著した(没後刊行)。医学でも漢方と洋方の折衷論を述べた『医学啓蒙(けいもう)』(1846)、国家体制の改革を論じた『東潜夫論(とうせんぷろん)』(1844)などの著作、『周易』『春秋左氏伝』『大学』『論語』などの標註(ひょうちゅう)も多い。[渡辺 伸]
『帆足図南次書『帆足万里』(1966・吉川弘文館)』

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ) この辞書の凡例を見る
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典内の帆足万里の言及

【窮理通】より

…豊後日出(ひじ)の儒者帆足万里が1836年(天保7)完成した西欧物理学の体系的な紹介書。8巻。…

【経世済民論】より

…彼の晩年には1837年(天保8)のモリソン号事件,40年のアヘン戦争があり,利明の描いた理想的・平和的な西洋像と異なって,情勢は血なまぐさいものとして映った。信淵の絶対王政的な国家論は,富国強兵を国是とし,強大な軍事力を背景として貿易の論理を強力に展開し,その《宇内混同秘策》の広域的侵略主義は,帆足万里の《東潜夫論》などにおいて,いっそう積極的に継承されていく。
[農政家の経世論]
 以上の経世家たちは,おおむね為政者の側から現実を見つめて方策を〈献言〉する形をとった人々である。…

【東潜夫論】より

…3巻。帆足万里の和文の著で1844年(弘化1)になる。王室,覇府,諸侯の3項からなる。…

【部落解放運動】より

…とくに江戸時代後期には,岡山藩で起こった渋染一揆をはじめ,厳しい支配と差別に対する抵抗が強まった。また幕末期には,加賀藩の千秋藤篤(有磯)や日出(ひじ)藩の帆足万里らが身分解放論を唱え,明治維新期には,加藤弘之や大江卓らが賤民身分の廃止を主張した。明治政府は1871年(明治4),その富国強兵政策の一環として,太政官布告により封建的賤民身分の廃止を宣言した(いわゆる〈解放令〉)。…

※「帆足万里」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

帆足万里の関連キーワードタンヌリー藪内清ダンネマン青木靖三菅井準一中山茂平田寛(1)広重徹矢島祐利湯浅光朝

今日のキーワード

災害派遣

天災地変その他の災害に際して,人命または財産の保護のために行なわれる自衛隊の派遣。災害出動ともいう。都道府県知事などの要請に基づいて,防衛大臣が派遣することを原則とするが,特に緊急を要する場合,要請を...

続きを読む

コトバンク for iPhone

帆足万里の関連情報