コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

勝田新左衛門 かつだ しんざえもん

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

勝田新左衛門 かつだ-しんざえもん

1680-1703 江戸時代前期の武士。
延宝8年生まれ。播磨(はりま)(兵庫県)赤穂(あこう)藩士。四十七士のひとり。藩主浅野長矩(ながのり)につかえて札座横目をつとめる。元禄(げんろく)15年12月14日吉良義央(きら-よしなか)邸に討ちいった。元禄16年2月4日切腹。24歳。名は武尭(たけたか)。

出典 講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて 情報 | 凡例

勝田新左衛門の関連キーワード四十七士(赤穂四十七士)赤穂浪士一覧勝田 孫弥赤穂義士勝田武尭

今日のキーワード

桃李もの言わざれども下自ら蹊を成す

《「史記」李将軍伝賛から》桃やすももは何も言わないが、花や実を慕って人が多く集まるので、その下には自然に道ができる。徳望のある人のもとへは人が自然に集まることのたとえ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android