勝田新左衛門(読み)かつだ しんざえもん

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

勝田新左衛門 かつだ-しんざえもん

1680-1703 江戸時代前期の武士。
延宝8年生まれ。播磨(はりま)(兵庫県)赤穂(あこう)藩士。四十七士のひとり。藩主浅野長矩(ながのり)につかえて札座横目をつとめる。元禄(げんろく)15年12月14日吉良義央(きら-よしなか)邸に討ちいった。元禄16年2月4日切腹。24歳。名は武尭(たけたか)。

出典 講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて 情報 | 凡例

今日のキーワード

政府開発援助

政府ベースの経済協力の一つで,特に先進国政府が発展途上国の経済開発などを促進するため財政資金を使って供与する援助。 (1) 2国間での直接援助と,(2) 国際機関を通じての多国間援助に分けられる。直接...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android