勝田新左衛門(読み)かつだ しんざえもん

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

勝田新左衛門 かつだ-しんざえもん

1680-1703 江戸時代前期の武士。
延宝8年生まれ。播磨(はりま)(兵庫県)赤穂(あこう)藩士。四十七士のひとり。藩主浅野長矩(ながのり)につかえて札座横目をつとめる。元禄(げんろく)15年12月14日吉良義央(きら-よしなか)邸に討ちいった。元禄16年2月4日切腹。24歳。名は武尭(たけたか)。

出典 講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて 情報 | 凡例

今日のキーワード

暑さ指数

湿度、気温、日差しの強さの3要素で暑さを表す指標。正式名称は湿球黒球温度(Wet-Bulb Globe Temperature)で、WBGTと略される。熱中症の危険度を判断する目安として国際的に用いら...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android