コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

勝田長昌 かつた ながまさ

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

勝田長昌 かつた-ながまさ

1691-1761* 江戸時代中期の医師。
元禄(げんろく)4年生まれ。薬の処方を研究し,整骨術にもすぐれた。法橋(ほっきょう)勝田景隆にみとめられ,その家方をつぐ。のち陸奥(むつ)仙台藩主伊達吉村の侍医をつとめた。宝暦10年12月2日死去。70歳。仙台出身。

出典|講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて | 情報 凡例

勝田長昌の関連キーワードインノケンチウス12世オレンジ結社越後屋花園実廉ゲスナーゲッティンゲン大学シャルルボアシュパンベルグスパンベルグラモーの甥

今日のキーワード

噴飯物

食べかけの飯をこらえきれずに噴き出してしまうほどに、おかしくてたまらない出来事。もの笑いのたねになるような、みっともない事柄。「政治屋が政界浄化を語るなど噴飯物だ」[補説]文化庁が発表した平成24年度...

続きを読む

コトバンク for iPhone