コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

勝野秀雄 かつの ひでお

1件 の用語解説(勝野秀雄の意味・用語解説を検索)

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

勝野秀雄 かつの-ひでお

1829-1908 幕末-明治時代の歌人,神職。
文政12年4月10日生まれ。香川景樹(かげき),熊谷直好(くまがい-なおよし)の門にはいり,和歌をまなぶ。維新後,埼玉県大宮の氷川神社宮司をつとめた。明治41年11月27日死去。80歳。尾張(おわり)(愛知県)出身。本姓は三勝。名は宗章。通称は啓太郎,文十郎。号は桐園。著作に「むらがらす」。

出典|講談社
デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて | 情報 凡例

勝野秀雄の関連キーワードポンペ鶴屋南北俚言集覧監獄法新聞小説ウィリアムズヤング長崎養生所アメリカ音楽

今日のキーワード

稀勢の里寛

1986- 平成時代の力士。昭和61年7月3日生まれ。中学卒で鳴戸部屋に入門し,平成14年3月初土俵。16年5月新十両,同年11月には18歳4ヵ月で新入幕をはたす。18年7月新三役小結,21年3月新関...

続きを読む

コトバンク for iPhone