コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

勝野秀雄 かつの ひでお

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

勝野秀雄 かつの-ひでお

1829-1908 幕末-明治時代の歌人,神職。
文政12年4月10日生まれ。香川景樹(かげき),熊谷直好(くまがい-なおよし)の門にはいり,和歌をまなぶ。維新後,埼玉県大宮の氷川神社宮司をつとめた。明治41年11月27日死去。80歳。尾張(おわり)(愛知県)出身。本姓は三勝。名は宗章。通称は啓太郎,文十郎。号は桐園。著作に「むらがらす」。

出典|講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて | 情報 凡例

勝野秀雄の関連キーワード明治時代

今日のキーワード

大義

1 人として守るべき道義。国家・君主への忠義、親への孝行など。「大義に殉じる」2 重要な意義。大切な事柄。「自由平等の大義を説く」...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android