勤務間インターバル制度(読み)キンムカンインターバルキセイ

デジタル大辞泉「勤務間インターバル制度」の解説

きんむかん‐インターバルきせい【勤務間インターバル制度】

労働者の健康確保や過重労働防止などを目的として、実際の終業時刻から始業時刻までに一定時間以上の間隔をあける制度

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

今日のキーワード

プラスチックワード

意味のあいまいなままに、いかにも新しい内容を伝えているかのように思わせる言葉。プラスチックのように自由に組み合わせ、さまざまな分野で手軽に使える語をさす。ドイツの言語学者ベルクゼンが提唱。「国際化」「...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android