コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

勧善文 かんぜんぶんquàn shàn wén

世界大百科事典 第2版の解説

かんぜんぶん【勧善文 quàn shàn wén】

8世紀後半から10世紀前半(中唐~五代)に僧侶が民衆教化のために作り,かつうたって聞かせた歌曲。20世紀の初めに敦煌から発見された写本の中に多く見いだされる。長短さまざまあり,内容は因果応報の理をわかりやすく説いて殺生や貪欲を戒め,悪業の報いとしての地獄での責め苦などを並べたてる。俗字や俗語をたくさん用い,底辺の階層の人々に訴えかける調子のなまなましさが特徴的である。【入矢 義高】

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

今日のキーワード

所信表明演説

政府の長が施政に関する考え方を明らかにするために行う演説。日本の国会では、臨時国会や特別国会の冒頭に内閣総理大臣が衆議院および参議院の本会議場で行い、当面の問題を中心にその国会における内閣の方針を示す...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android