コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

勧善文 かんぜんぶん quàn shàn wén

1件 の用語解説(勧善文の意味・用語解説を検索)

世界大百科事典 第2版の解説

かんぜんぶん【勧善文 quàn shàn wén】

8世紀後半から10世紀前半(中唐~五代)に僧侶が民衆教化のために作り,かつうたって聞かせた歌曲。20世紀の初めに敦煌から発見された写本の中に多く見いだされる。長短さまざまあり,内容は因果応報の理をわかりやすく説いて殺生や貪欲を戒め,悪業の報いとしての地獄での責め苦などを並べたてる。俗字や俗語をたくさん用い,底辺の階層の人々に訴えかける調子のなまなましさが特徴的である。【入矢 義高

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

勧善文の関連キーワードアナクレオンカジュラーホキエフエレア学派摂関時代ウィーン古典派ラージプート族太陽の沈まぬ国調淡海

今日のキーワード

パラチオン、パラチオンメチル

パラチオンは無色で油状の液体、パラチオンメチルはコハク色の液体。ともに毒性が強く、有機リン系殺虫剤として使用された。50年代以降、稲の害虫被害を防ぐことが確認され、広く導入された。しかし、農民の中毒死...

続きを読む

コトバンク for iPhone