勧善文(読み)かんぜんぶん(英語表記)quàn shàn wén

世界大百科事典 第2版の解説

かんぜんぶん【勧善文 quàn shàn wén】

8世紀後半から10世紀前半(中唐~五代)に僧侶が民衆教化のために作り,かつうたって聞かせた歌曲。20世紀の初めに敦煌から発見された写本の中に多く見いだされる。長短さまざまあり,内容は因果応報の理をわかりやすく説いて殺生や貪欲を戒め,悪業の報いとしての地獄での責め苦などを並べたてる。俗字や俗語をたくさん用い,底辺の階層の人々に訴えかける調子のなまなましさが特徴的である。【入矢 義高】

出典 株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について 情報

今日のキーワード

医療過誤

診療過誤ともいい,医療行為一般の誤りをさす。医学知識の不足,医療技術の未熟,診療行為の全体としての疎漏さ,不適切な薬剤や医療器具の使用などが原因となる。具体的には誤診,診断の遅延,手術過誤,注射事故,...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android