コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

戒め/誡め/警め/縛め イマシメ

デジタル大辞泉の解説

いましめ【戒め/×誡め/警め/縛め】

前もって注意すること。また、その言葉。訓戒。「今後の―とする」
過ちを犯さないようにこらしめること。「―に廊下に立たされる」
(縛め)しばること。また、その縄。「―を解く」
禁錮。監禁。処罰。
「秦の始皇にとらはれて、―をかうぶること十二年」〈平家・五〉
用心すること。警戒。
「これが後ろめたければ、公人(おほやけびと)、すまし(=下級女官)、長女(をさめ)などして絶えず―に遣る」〈・八七〉

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

戒め/誡め/警め/縛めの関連キーワード人の蠅を追うより自分の頭の蠅を追え慌てる乞食は貰いが少ない大蛇を見るとも女を見るな杖に縋るとも人に縋るな今日考えて明日語れ目で見て口で言え早い者に上手なし不義は御家の法度争い木登り川渡り朝謡は貧乏の相孟母断機の教え殷鑑遠からず後車の戒め覆車の戒め佳言・嘉言油断大敵反面教師一罰百戒座右の銘摂善法戒

今日のキーワード

チームパシュート

スピードスケートや自転車競技の一。複数人でチームを組み、隊列を組んで一定の距離を走り、速さを競うもの。団体追い抜き競技。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android