コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

戒め/誡め/警め/縛め イマシメ

1件 の用語解説(戒め/誡め/警め/縛めの意味・用語解説を検索)

デジタル大辞泉の解説

いましめ【戒め/×誡め/警め/縛め】

前もって注意すること。また、その言葉。訓戒。「今後の―とする」
過ちを犯さないようにこらしめること。「―に廊下に立たされる」
(縛め)しばること。また、その縄。「―を解く」
禁錮。監禁。処罰。
「秦の始皇にとらはれて、―をかうぶること十二年」〈平家・五〉
用心すること。警戒。
「これが後ろめたければ、公人(おほやけびと)、すまし(=下級女官)、長女(をさめ)などして絶えず―に遣る」〈・八七〉

出典|小学館 この辞書の凡例を見る
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

戒め/誡め/警め/縛めの関連キーワード擬作心添え言葉質切言前言先知設く合言葉重ね言葉

今日のキーワード

大統領補佐官

各種政策の立案その他に関し,側近として大統領に助言する役職だが,実質上はブレーン,顧問として多面的な役割を担う。憲法で定められた唯一の行政責任者である合衆国大統領は,強大な権力を持つにもかかわらず,議...

続きを読む

コトバンク for iPhone