コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

勧戒図 かんかいずquan-jie-tu

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

勧戒図
かんかいず
quan-jie-tu

勧善懲悪の精神を主題とし,道徳教化を目的とした東洋画のジャンル。儒教が国教化した中国,漢代には,絵画,彫刻などの芸術が道徳教化の手段と考えられ,画像石などに多数の勧戒図が描かれた。図は歴史上,伝説上著名な聖人君子,名臣忠義,烈女孝子,または暗君逆臣などの人物行状を扱っている。六朝時代以降は漢代ほどの隆昌をみなかったが,中国人の芸術観として後世まで存続。この思想は朝鮮,日本にも伝えられ,日本では賢聖障子,文王呂尚図など儒教の影響の深い絵画が描かれた。安土桃山,江戸時代には狩野派などが多数制作した。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

勧戒図の関連キーワード勧善懲悪鑑戒図

今日のキーワード

隗より始めよ

《中国の戦国時代、郭隗(かくかい)が燕(えん)の昭王に賢者の求め方を問われて、賢者を招きたければ、まず凡庸な私を重く用いよ、そうすれば自分よりすぐれた人物が自然に集まってくる、と答えたという「戦国策」...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android