コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

画像石 がぞうせきHua-xiang-shi

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

画像石
がぞうせき
Hua-xiang-shi

画象石とも書く。中国,後漢代に盛行した石造墳墓,墓前の石祠堂石闕 (せっけつ) に浮彫や線刻で画像を表わしたもの。前あるいは三国時代以降のものもある。壁画を恒久的に遺存する目的がその起源と考えられる。画題は酒宴,歌舞,車馬行列,狩猟,楼閣,樹木など現世的なものや,歴史的説話勧戒を表わすもの,西王母,東王父,雨師風伯雷公,日月星辰など道教的神仙思想に取材するものなどがある。漢代の絵画,風俗習慣を知る資料として貴重である。山東省武氏祠孝堂山遺跡四川省の石などのものが著名。同種のものに画像 塼 (せん) があり,朝鮮,日本にも伝来し,宮殿,仏閣建築などに用いられた。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

デジタル大辞泉の解説

がぞう‐せき〔グワザウ‐〕【画像石】

宮殿や墳墓・祠堂(しどう)などの石材に、線刻や浮き彫りでさまざまな画像を表したもの。中国、後漢・六朝時代に流行した。画題は神話・孝子伝・宴会・歴史説話など。

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

百科事典マイペディアの解説

画像石【がぞうせき】

画像を彫刻した石。普通,前末期に始まり,後漢に盛行,三国時代には衰退するものの,にも及ぶ。山東省が最も多く,山西・河南・甘粛・四川・陝西省など広く分布する。
→関連項目浮彫沂南画像石墓

出典 株式会社日立ソリューションズ・クリエイト百科事典マイペディアについて 情報

世界大百科事典 第2版の解説

がぞうせき【画像石 huà xiàng shí】

平板な石材に画像を彫刻したもので,中国で建築物墓室などの建材として使用された。画象石とも書く。時代は漢・魏が中心で,その後,南北朝・隋唐代に及ぶ。地上の建築物では石祠堂,石闕(せつけつ)の壁面などにみられ,地下のものでは墓室の石壁,石柱,楣石(まぐさいし),天井石と石棺にみられる。それらは同時代の建築である木造宮殿,邸宅,木造廟堂や闕にかざられた壁画,地下墓室の壁画,壁面にぶらさげられた帛画(はくが)の応用で,内容はほぼ同じである。

出典 株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について 情報

大辞林 第三版の解説

がぞうせき【画像石】

中国、後漢代に、墳墓の前の祠堂しどうや墓室の壁として用いられた絵画を刻んだ石。線刻や浮き彫りで、神仙伝説や日常の風俗などを描き出している。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

画像石の関連キーワードフェイチョン(肥城)県ハム(豚肉の加工品)三国時代(中国)成都揚子山漢墓障泥∥泥障孝堂山石祠風神・雷神密県漢墓中国美術二十四孝規矩準縄中国音楽装飾古墳勧戒図流雲文擬宝珠画像鏡雲気文鑑戒図四神文

今日のキーワード

だまし面接

企業が面談や懇談会と称して就職活動中の学生を呼び出し、実質的には学生を選考する偽装面接のこと。2016年卒業の大学生に対する選考活動の開始時期を、従来の4月1日から8月1日以降へと後ろ倒しする主旨の「...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android