コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

勧善懲悪 カンゼンチョウアク

デジタル大辞泉の解説

かんぜん‐ちょうあく〔クワンゼン‐〕【勧善懲悪】

善事をめ、悪事らすこと。特に、小説・芝居などで、善玉が最後には栄え、悪玉は滅びるという筋書きによって示される、道徳的な見解にいう。勧懲

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

デジタル大辞泉プラスの解説

勧善懲悪

《The Promotion of Virtue and Prevention of Vice》パキスタン(連邦直轄部族地域カイバル地区)で活動するスンニ派イスラム過激組織。2003年結成。タリバン支持勢力のひとつとされる。2008年、政府により非合法化。

出典 小学館デジタル大辞泉プラスについて 情報

世界大百科事典 第2版の解説

かんぜんちょうあく【勧善懲悪】

善事,善行を勧め,悪事,悪行をうちこらすこと。儒教および仏教の思想にもとづく通俗的な道徳思想。何が〈善〉であり,〈悪〉であるかについての根元的な考察を欠くが,《湖月抄》(北村季吟著)のような注釈書までが,《源氏物語》の意義を〈勧善懲悪〉に求めたことにも知れるように,江戸時代にあっては,ひろく大衆を思想的に啓発し,嚮導(きようどう)する文学・演劇が,基本的に持つべきとされる,文学的原理であった。曲亭馬琴にいたり,この勧懲原理は,〈弱きを助け,強きをくじく〉義俠の思想と結びつき,善悪邪正が葛藤し角逐しあう伝奇的長編小説のなかに,民衆が待望する理想的英雄像をつくる,有効な小説原理となった。

出典 株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について 情報

大辞林 第三版の解説

かんぜんちょうあく【勧善懲悪】

善をすすめ、悪をこらしめること。勧懲。 → 勧懲小説

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

勧善懲悪
かんぜんちょうあく

善を勧め悪を懲らすの意。物語などでは「善人栄え、悪人滅ぶ」式の結末をもつ筋立てとなる。出典は中国の『左伝』の「懲悪而勧善」などに求められる。日本では、儒教思想、とくに朱子学の流れをくむ文学観に、仏教の因果応報思想が結び付き、江戸時代後半の小説や演劇などの創作態度や道徳観として現れた。明治になり、曲亭馬琴の勧懲主義を批判して、坪内逍遙(しょうよう)は人情の模写を小説の第一義の目的とした。[浅井 清]
『中村幸彦著『戯作論』(1966・角川書店) ▽中村幸彦著『近世文芸思潮攷』(1975・岩波書店)』

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

世界大百科事典内の勧善懲悪の言及

【因果応報】より

…ことばとしては《大唐慈恩寺三蔵法師伝》に見える。仏教の基本的考えである因・縁・果・報の認識をもとに,宗教的達成をめざすための教えであるが,結果的には勧善懲悪的な役割を果たした。早くから,仏教が日本人に教えたことであったが,平安時代初頭の《日本国現報善悪霊異記(日本霊異記)》にはこれが横溢している。…

※「勧善懲悪」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

勧善懲悪の関連キーワード蛇の目を灰汁で洗ったようタイムボカンシリーズ『南総里見八犬伝』抱き込む・抱込む南総里見八犬伝桜姫全伝曙草紙三七全伝南柯夢近世説美少年録当世書生気質三匹が斬る!すっぺがす読みと歌白話小説三尺高し三品藺渓予定調和小説神髄感傷喜劇梅亭金鵞雲萍雑志

今日のキーワード

いい夫婦の日

11月22日。通商産業省(現経済産業省)が制定。パートナーへの感謝の意を示し、絆を深める。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

勧善懲悪の関連情報