コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

勾張り/甲張り コウバリ

1件 の用語解説(勾張り/甲張りの意味・用語解説を検索)

デジタル大辞泉の解説

こう‐ばり〔コウ‐|カフ‐〕【勾張り/甲張り】

家などが傾いたり倒れたりするのを防ぐためにあてがう材木。つっかい棒。
掘った穴の土留めの板が倒れないようにあてがう材木。
かばいだて。あと押し。
「あんまり母があいだてない、―が強うていよいよ心が直らぬ」〈浄・油地獄

出典|小学館 この辞書の凡例を見る
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

勾張り/甲張りの関連キーワード控柱ぐらり作り倒れどたりばたっとぱたっとばたりぱたり防銹挟み械