コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

匂い袋 ニオイブクロ

3件 の用語解説(匂い袋の意味・用語解説を検索)

デジタル大辞泉の解説

におい‐ぶくろ〔にほひ‐〕【匂い袋】

丁字(ちょうじ)麝香(じゃこう)白檀(びゃくだん)などの香料を入れた小袋。携帯用としたり、たんすの中に入れたりする。 夏》

出典|小学館 この辞書の凡例を見る
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

大辞林 第三版の解説

においぶくろ【匂い袋】

香料を入れた小さい袋。特に夏期、身につけたり、部屋にかけたりする。衣類の防虫香ともする。 [季] 夏。 《 紫の-を秘めごころ /後藤夜半 》

出典|三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

匂い袋
においぶくろ

金襴(きんらん)、錦(にしき)などの高級織物の小さな袋の中に、丁子(ちょうじ)、じゃ香、白檀(びゃくだん)などの香料を入れたもの。主として腰提げ、懐中物あるいは衣服の間に入れた。元来は邪鬼を払うために利用された薬玉(くすだま)の変化したものである。江戸時代中期には小袖(こそで)の袖形をした匂い袋がつくられ、女の身だしなみとして愛用された。しかし香水の発達した現在では好事家(こうずか)の女性間に愛用されているにすぎない。[遠藤 武]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ) この辞書の凡例を見る
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

匂い袋の関連キーワード薫衣香黒方麝香鹿麝香獣麝香油梅花方麝香犬麝香嚢麝香羊麝香骨

今日のキーワード

トランスアジア航空

台湾・台北市に本拠を置く航空会社。中国語名は復興航空。1951年、台湾初の民間航空会社として設立。83年に台湾の国産実業グループに経営移管され、組織改編を実施した。92年に国際チャーター便の運航を始め...

続きを読む

コトバンク for iPhone

匂い袋の関連情報