コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

邪鬼 ジャキ

デジタル大辞泉の解説

じゃ‐き【邪鬼】

たたりをする神。また、物の怪(け)。怨霊(おんりょう)。
四天王像に踏まれている鬼。仏法を犯す邪神として懲らしめられ、苦悶の表情をみせる。

出典|小学館デジタル大辞泉について | 情報 凡例

世界大百科事典 第2版の解説

じゃき【邪鬼】

祟りをする神,物の怪(もののけ)などを総称していうが,仏像に関しては仁王像や四天王像の足の下に踏まれている小型の鬼類をさす。毘沙門天(四天王の多聞天)の足下にいる鬼を特に天邪鬼(あまのじやく)と呼ぶという説がある。〈天邪鬼〉は毘沙門天像の鎧に付けられた鬼面の名称であることが室町時代の《壒囊鈔(あいのうしよう)》に記されており,当初は鬼面の名称であったが後に足下の鬼をも意味するようになったと考えられる。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

大辞林 第三版の解説

じゃき【邪鬼】

たたりをなす神。また、もののけ。妖怪。
四天王像の足の下に踏まれている怪獣。

出典|三省堂大辞林 第三版について | 情報

邪鬼の関連情報