邪鬼(読み)じゃき

精選版 日本国語大辞典「邪鬼」の解説

じゃ‐き【邪鬼】

〘名〙 祟(たた)りをする神。また、物の(け)。怨(おんりょう)
※菅家文草(900頃)四・仁和四年、自春不雨。府之少北、有一蓮池「毒龍貪惜神通水、呵留智慧泉」

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

世界大百科事典 第2版「邪鬼」の解説

じゃき【邪鬼】

祟りをする神,物の怪(もののけ)などを総称していうが,仏像に関しては仁王像や四天王像の足の下に踏まれている小型の鬼類をさす。毘沙門天(四天王の多聞天)の足下にいる鬼を特に天邪鬼(あまのじやく)と呼ぶというがある。〈天邪鬼〉は毘沙門天像のに付けられた鬼面の名称であることが室町時代の《壒囊鈔あいのうしよう)》に記されており,当初は鬼面の名称であったが後に足下の鬼をも意味するようになったと考えられる。

出典 株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について 情報

今日のキーワード

戻り梅雨

梅雨が明けたあとに、再び梅雨のような状態に戻ること。返り梅雨。《季 夏》[類語]梅雨・梅雨ばいう・五月雨・空梅雨・菜種梅雨・走り梅雨・返り梅雨...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android