コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

邪鬼 ジャキ

デジタル大辞泉の解説

じゃ‐き【邪鬼】

たたりをする神。また、物の怪(け)。怨霊(おんりょう)。
四天王像に踏まれている。仏法を犯す邪神として懲らしめられ、苦悶の表情をみせる。

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

世界大百科事典 第2版の解説

じゃき【邪鬼】

祟りをする神,物の怪(もののけ)などを総称していうが,仏像に関しては仁王像や四天王像の足の下に踏まれている小型の鬼類をさす。毘沙門天(四天王の多聞天)の足下にいる鬼を特に天邪鬼(あまのじやく)と呼ぶという説がある。〈天鬼〉は毘沙門天像の鎧に付けられた鬼面名称であることが室町時代の《壒囊鈔(あいのうしよう)》に記されており,当初は鬼面の名称であったが後に足下の鬼をも意味するようになったと考えられる。

出典 株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について 情報

大辞林 第三版の解説

じゃき【邪鬼】

たたりをなす神。また、もののけ。妖怪。
四天王像の足の下に踏まれている怪獣。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

邪鬼の関連キーワードヒイラギ(常緑小高木)海桐焼き・海桐焼海桐・海桐花ハートカズラ兜跋毘沙門天あまのじゃく春日山石窟仏西大寺境内坂元 雪鳥ヒイラギ坂元雪鳥津久根島瓜子姫天探女たたり弓場始広目天橋杭岩蛇・邪匂い袋

今日のキーワード

日馬富士 公平

大相撲力士。身長186センチ、体重137キロ。1984年4月14日生まれ、モンゴル・ゴビアルタイ出身。伊勢ヶ濱部屋に所属。本名はダワニャム・ビャンバドルジ。2001年1月の初場所で初土俵、2012年1...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

邪鬼の関連情報