邪鬼(読み)ジャキ

世界大百科事典 第2版の解説

祟りをする,物の(ものの)などを総称していうが,仏像に関しては仁王像や四天王像のの下に踏まれている小型の鬼類をさす。毘沙門天(四天王の多聞天)の足下にいる鬼を特に天邪鬼(あまのじやく)と呼ぶというがある。〈天鬼〉は毘沙門天像のに付けられた鬼面の名称であることが室町時代の《壒囊鈔あいのうしよう)》に記されており,当初は鬼面の名称であったが後に足下の鬼をも意味するようになったと考えられる。

出典 株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について 情報

大辞林 第三版の解説

たたりをなす神。また、もののけ。妖怪。
四天王像の足の下に踏まれている怪獣。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

精選版 日本国語大辞典の解説

〘名〙 祟(たた)りをする神。また、物の怪(け)。怨霊(おんりょう)
※菅家文草(900頃)四・仁和四年、自春不雨。府之少北、有一蓮池「毒龍貪惜神通水、邪鬼呵留智慧泉」

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

今日のキーワード

児童相談所

子供の福祉に関する相談に応じ,援助などを行なう行政機関。児相と略称される。児童福祉法に基づき,都道府県と政令指定都市に設置が義務づけられている。運営は厚生労働省の局長通知,児童相談所運営指針にそって行...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

邪鬼の関連情報