コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

匂菫 ニオイスミレ

デジタル大辞泉の解説

におい‐すみれ〔にほひ‐〕【匂×菫】

スミレ科の多年草。高さ約15センチ。葉は根際から出て、心臓形。春、濃紫色の芳香のある花が咲く。南ヨーロッパ・西アジアの原産。観賞用。バイオレット 春》

出典|小学館デジタル大辞泉について | 情報 凡例

大辞林 第三版の解説

においすみれ【匂菫】

スミレ科の多年草。ヨーロッパ原産。切り花や花壇用として栽培。葉は心臓形。春、径約2センチメートルの左右相称の花を頂につける。花色は濃紫・青紫・淡紫・白などで、香りがある。バイオレット。

出典|三省堂大辞林 第三版について | 情報

動植物名よみかた辞典 普及版の解説

匂菫 (ニオイスミレ)

学名:Viola odorata
植物。スミレ科の多年草,薬用植物

出典|日外アソシエーツ「動植物名よみかた辞典 普及版」動植物名よみかた辞典 普及版について | 情報

匂菫の関連キーワードスミレ(菫)左右相称切り花青紫淡紫

今日のキーワード

アウフヘーベン

ヘーゲル弁証法の基本概念の一。あるものを否定しつつも、より高次の統一の段階で生かし保存すること。止揚。揚棄。→アン‐ウント‐フュール‐ジッヒ →弁証法...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android