コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

包蔵水力 ほうぞうすいりょくpotential water power

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

包蔵水力
ほうぞうすいりょく
potential water power

水力発電源として開発可能な河川のエネルギー量をいう。理論的には河川の平均流量と落差の積によって決定される。したがって降水量と標高高度が大きい地域の包蔵水力は大きい。世界で包蔵水力の大きい四大地域は,ヒマラヤ山系から流下するアジアの諸河川の流域,アフリカのコンゴ川水系の流域,北アメリカコロンビア川流域,南アメリカ太平洋側斜面の諸河川の流域である。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

デジタル大辞泉の解説

ほうぞう‐すいりょく〔ハウザウ‐〕【包蔵水力】

ある河川水系がもっている、発電用水資源として利用の可能な水量。

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

百科事典マイペディアの解説

包蔵水力【ほうぞうすいりょく】

技術的・経済的に開発可能な発電水力資源の量。日本では政府が1910年以来調査を行っている。1998年度末の調査では,日本の既開発一般水力発電は約2133万kWで,未開発一般水力約1216万kW,未開発混合揚水発電は約796万kWとなっている。

出典 株式会社日立ソリューションズ・クリエイト百科事典マイペディアについて 情報

大辞林 第三版の解説

ほうぞうすいりょく【包蔵水力】

ある水系が持つ、発電用水として利用することができる水力エネルギーの量。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

包蔵水力の関連キーワード富士川(山梨県・静岡県の川)グランド・クーリー・ダムホントワン(横断)山脈ランツァン(瀾滄)江フェイライ(飛来)峡サンフランシスコ川ナンパン(南盤)江ノッタウェー川ティン(汀)江ユワン(沅)江サザンアルプスヌー(怒)江ハソンビン省ミン(閩)江東北(中国)チャーチル川ボリバル州アンガラ川ヤーロン江イグアス滝

今日のキーワード

ムガベ大統領

1924年、英植民地の南ローデシア(現ジンバブエ)生まれ。解放闘争に参加し、80年にジンバブエを独立に導いた。同年から首相、87年から大統領として実権を握り続けた。2000年以降は白人農場主の農園を強...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

包蔵水力の関連情報