包蔵水力(読み)ほうぞうすいりょく(英語表記)potential water power

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

包蔵水力
ほうぞうすいりょく
potential water power

水力発電源として開発可能な河川のエネルギー量をいう。理論的には河川の平均流量と落差の積によって決定される。したがって降水量と標高高度が大きい地域の包蔵水力は大きい。世界で包蔵水力の大きい四大地域は,ヒマラヤ山系から流下するアジアの諸河川の流域,アフリカのコンゴ川水系の流域,北アメリカコロンビア川流域,南アメリカ太平洋側斜面の諸河川の流域である。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

百科事典マイペディアの解説

包蔵水力【ほうぞうすいりょく】

技術的・経済的に開発可能な発電水力資源の量。日本では政府が1910年以来調査を行っている。1998年度末の調査では,日本の既開発一般水力発電は約2133万kWで,未開発一般水力約1216万kW,未開発混合揚水発電は約796万kWとなっている。

出典 株式会社平凡社百科事典マイペディアについて 情報

大辞林 第三版の解説

ほうぞうすいりょく【包蔵水力】

ある水系が持つ、発電用水として利用することができる水力エネルギーの量。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

精選版 日本国語大辞典の解説

ほうぞう‐すいりょく ハウザウ‥【包蔵水力】

〘名〙 ある河川流域の発電用水として利用可能な水量。

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

今日のキーワード

いざなぎ景気

1965(昭和40)年11月から70(昭和45)年7月にかけて57カ月続いた戦後最長の消費主導型景気拡大局面のこと。名目成長率は毎年2桁で推移した。これに先立つ1955~56年の「神武景気」や58年~...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android