コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

化す カス

デジタル大辞泉の解説

か・す〔クワす〕【化す】

[動サ五]か(化)する」(サ変)の五段化。「貴重な文化財が火災で灰と―・す」
[可能]かせる
[動サ変]か(化)する」の文語形

け・す【化す】

[動サ変]
姿や形が変わる。変化する。ばける。化(か)する。
「則ち―・して神となる」〈著聞集・一〉
仏の教えを説く。教化(きょうけ)する。
「法を説きて人を―・し給ふに」〈今昔・一七・三七〉

出典|小学館デジタル大辞泉について | 情報 凡例

大辞林 第三版の解説

かす【化す】

( 動五 )
〔サ変動詞「化する」の五段化〕 「化する」に同じ。 「一夜にして荒野と-・す」
[可能] かせる
( 動サ変 )
かする

けす【化す】

( 動サ変 )
形を変える。変化する。ばける。 「 - ・して僧と成り給ひぬ/今昔 6
教え導く。教化する。化する。 「寺に有りて諸もろもろの人を-・し/今昔 7

出典|三省堂大辞林 第三版について | 情報

化すの関連キーワードイワン・イワノビッチとイワン・ニキフォロビッチが喧嘩をした話ギルバート・アンド・ジョージサルバドルのカーニバルライフ・イズ・デッド干物妹!うまるちゃんH.C. ボスマン金の二重価格制ユーゲント様式六地蔵(仏教)メドゥーサの首アクロバットフォントネー灰燼に帰すメドゥーサボスマン修羅の巷伊勢貞陸kuma内田康哉坊主バー

化すの関連情報