コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

化する カスル

デジタル大辞泉の解説

か・する〔クワする〕【化する】

[動サ変][文]くゎ・す[サ変]
形や状態などが変わる。それ以前とは別のものになる。変化する。また、変化させる。「一瞬にして焦土と―・する」「地震は町を廃墟と―・した」
他の影響で心がけや行いなどが変わる。感化される。また、他に働きかける。感化する。「悪人―・して善人となる」「衆を―・する」

出典|小学館デジタル大辞泉について | 情報 凡例

大辞林 第三版の解説

かする【化する】

( 動サ変 ) [文] サ変 くわ・す
形や性質が別のものに変わる。また、変わらせる。変える。 「戦災で焦土と-・する」 「荒れ地を-・して美田とする」
影響を受けて変わる。同化する。また、導いて変わらせる。感化する。教化する。 「徳をもって人を-・する」

出典|三省堂大辞林 第三版について | 情報

化するの関連キーワードマクロファージ活性化因子canonicalisesystematise入り合わせ・入り合せ高圧式ホモジナイザーヒューマニゼーションhomogeniseアメリカニゼーション暗号化アルゴリズムスタンダーダイザージャスティファイダウンサイジングポラリゼーションminimiseデジタルライツWスペクトラムシンプリファイガラパゴス現象赤鉄鉱化作用燐酸塩化作用

今日のキーワード

気が置けない

遠慮したり気をつかったりする必要がなく、心から打ち解けることができる。「―◦ない間柄」[補説]文化庁が発表した「国語に関する世論調査」で、「その人は気が置けない人ですね」を、「相手に対して気配りや遠慮...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

化するの関連情報