化学反応機構(読み)かがくはんのうきこう(英語表記)mechanism of chemical reaction

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

化学反応機構
かがくはんのうきこう
mechanism of chemical reaction

一般に化学反応は反応物質から出発して,いくつかの簡単な反応の段階 (素反応) で中間生成物を生成しながら最終の反応生成物にいたる。このような反応の各段階の内容,速度,中間生成物,および反応全体の経路の仕組みなどを反応機構という。化学反応機構を知るために反応速度論の研究が非常に有用である。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

今日のキーワード

夏至

二十四節気の一つであるが,二至 (夏至,冬至) ,二分 (春分,秋分) の四季の中央におかれた中気。夏至は太陰太陽暦の5月中 (5月の後半) のことで,太陽の黄経が 90°に達した日 (太陽暦の6月 ...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android