コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

化学物質過敏症の診断基準 かがくぶっしつかびんしょうのしんだんきじゅん

1件 の用語解説(化学物質過敏症の診断基準の意味・用語解説を検索)

家庭医学館の解説

かがくぶっしつかびんしょうのしんだんきじゅん【化学物質過敏症の診断基準】

[主症状(A)]
①持続あるいは反復する頭痛
②筋肉痛または筋肉の不快感
③持続する倦怠感(けんたいかん)、疲労感
④関節痛
⑤アレルギー性皮膚疾患
[副症状(B)]
①咽頭(いんとう)痛(のどの痛み)
②微熱
③腹痛、下痢(げり)または便秘(べんぴ)
④羞明(しゅうめい)(まぶしい)、目のかすみ、一過性の暗点
⑤集中力・思考力・記憶力の低下、健忘
⑥感覚異常、臭覚・味覚異常
⑦興奮、うつ状態、精神不安定、不眠
⑧皮膚の炎症・かゆみ
月経過多(かた)・月経異常など
[検査所見(C)]
副交感神経交感神経機能亢進(こうしん)または低下を示す瞳孔(どうこう)異常
視覚空間周波数特性明らかな閾値(いきち)低下
眼球運動の異常
④SPECT(スペクト)による大脳皮質(だいのうひしつ)の血流機能異常
⑤誘発試験の陽性反応
(注 ブロンスタインによる)

出典|小学館
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。この事典によって自己判断、自己治療をすることはお止めください。あくまで症状と病気の関係についてのおおよその知識を得るためのものとお考えください。

化学物質過敏症の診断基準の関連キーワード感覚遮断歯髄炎反復配列復する繰返す持続保菌者反復DNAファシクルー反復購入モデル

今日のキーワード

トランスアジア航空

台湾・台北市に本拠を置く航空会社。中国語名は復興航空。1951年、台湾初の民間航空会社として設立。83年に台湾の国産実業グループに経営移管され、組織改編を実施した。92年に国際チャーター便の運航を始め...

続きを読む

コトバンク for iPhone