コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

化学用体積計 かがくようたいせきけい

大辞林 第三版の解説

かがくようたいせきけい【化学用体積計】

薬品の調合・化学分析などで液体を定量し、また測定するガラス製器具。フラスコ・ピペット・ビュレット・メスシリンダーなど。

出典|三省堂大辞林 第三版について | 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

化学用体積計
かがくようたいせきけい

理化学実験、分析、試験、調剤などに用いるガラス製の体積計。目盛り線に対する液面の位置を視定することによって、収容している液体の量、または排出する液体の量を測る。構造、用途により、フラスコ、ピペット、ビュレットメスシリンダーなどの種類があり、フラスコについては一定量を取り込む「受け用」と、一定量を排出する「出し用」の区別がある。設定した量の液体を自動的に吸入または排出する機構を備えたものもある。1980年代から、精密なピストン・シリンダーを備えたマイクロピペットとよばれる器械が化学分析などに広く用いられている。[三井清人]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について | 情報 凡例

世界大百科事典内の化学用体積計の言及

【体積計】より

…容積計ともいう。これらの物質の商取引に使われることが多いので計量法による規制の対象となっており,升,化学用体積計,目盛付きタンクおよび積算体積計に大別される。
[升]
 液体用,穀物用,雑用などがあり,これらをいっぱいに満たすか,上端に沿って平面にかきとり所定の体積を計量する。…

※「化学用体積計」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

化学用体積計の関連キーワード液量計調合薬品

今日のキーワード

分水嶺

1 分水界になっている山稜(さんりょう)。分水山脈。2 《1が、雨水が異なる水系に分かれる場所であることから》物事の方向性が決まる分かれ目のたとえ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android