化縁(読み)ケエン

大辞林 第三版の解説

けえん【化縁】

〔「げえん」とも〕
〘仏〙
仏・菩薩が衆生しゆじようを教化する因縁。
衆生のもつ教化されるべき縁。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

精選版 日本国語大辞典の解説

け‐えん【化縁】

〘名〙 仏語
① 衆生を教え導く因縁。化導の因縁。
日本往生極楽記(983‐987頃)弘也「鳴呼上人、化縁已尽、帰去極楽
仏菩薩の教化を受ける衆生の側の力。教えが説かれるための、衆生の機縁をいう。機縁。
伝光録(1299‐1302頃)龍樹尊者「人天すでに化縁つきん時も、悉く龍宮にをさまるべし」
仏縁を結ぶために、金品を差し出すこと。
※三体詩素隠抄(1622)三「さて冬も。世に出て。炭も化縁することも。なきぞ」
④ 市井にあって法を説きながら施物を乞いあるく街坊化主(がいぼうけしゅ)の異称。

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

アポ電詐欺

《「アポ」は「アポイントメント」の略》電話を使用した振り込め詐欺の一。身内の者になりすまして電話番号が変わったと伝え、再度電話して金銭を要求したり、役所の担当者や銀行員などになりすまして電話をかけ、後...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android