コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

化育 カイク

デジタル大辞泉の解説

か‐いく〔クワ‐〕【化育】

[名](スル)天地自然が万物をつくり育てること。
「異端邪説を除き以て万民を―したるが如き」〈加藤弘之・人民新説〉

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

大辞林 第三版の解説

かいく【化育】

( 名 ) スル
天地自然が万物を作り育てること。 「然らざれば凡ての文明も、凡ての-も虚偽のものなるべし/文学史骨 透谷

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

化育の関連キーワード禍・下・仮・伽・何・佳・価・假・價・加・化・卦・可・呵・嘉・夏・嫁・家・寡・戈・暇・果・架・歌・河・渦・火・瑕・瓜・禍・禾・科・稼・窩・箇・花・苛・荷・菓・華・訛・訶・課・貨・迦・過・霞・靴・顆イクムスビノカミ(生産霊神)二・二六事件/蹶起趣意書神社(じんじゃ)ショテーリウスヘンダーソン造化の三神宗教法人法神社本庁宗教法人マッシー佐藤信淵生長の家菊池楯衛商品学黒住教警察神化薫育賛成

今日のキーワード

硫黄山(いおうやま)

標高1317メートルの活火山で、火口は登山者に人気のある韓国(からくに)岳(1700メートル)の登山道沿いにある。硫黄の結晶が鉱山で採れたため、硫黄山と呼ばれるようになったという。直近の噴火は1768...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android