異端邪説(読み)いたんじゃせつ

精選版 日本国語大辞典の解説

〘名〙 (「宋史‐道学・程顥伝」から) よこしまな教えや説。
※人権新説(1883)〈加藤弘之〉一「治教を明かにして所謂異端邪説を除き」

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

四字熟語を知る辞典の解説

よこしまな教えや

[使用例] 外国より入って来るものを異端邪説としてかつのように憎み嫌った人のように[島崎藤村*夜明け前|1932~35]

[使用例] 朱子学こそ政府の指定する唯一無二教学であって、それ以外は異端邪説として排撃されねばならないという中央命令だから[杉浦明平解体日暮れ|1966]

[解説] 多く、正統から外れている説や教えについていいます。

出典 四字熟語を知る辞典四字熟語を知る辞典について 情報

今日のキーワード

懈怠

仏教用語。仏道修行に励まないこと。怠りなまけること。六大煩悩の一つあるいは二十随煩悩の一つとして数えられる。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android