コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

 け

7件 の用語解説(化の意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説


仏教用語。 (1) 衆生を教え導いて正しい教えに転向させること。教化。他を教える者すなわち仏,菩薩を能化といい,教えられる衆生を所化という。転じて,寺院に住込んで修行する弟子僧を所化といい,また一宗の学頭を能化という宗派 (新義真言宗) もある。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル大辞泉の解説

か〔クワ〕【化】

[名]影響を他に及ぼすこと。
「恵を施し、道を正しくせば、その―遠く流れん事を知らざるなり」〈徒然・一七一〉
[接尾]主として漢語に付いて、そのような物や事、状態に変える、または変わるという意を表す。「映画」「合理」「近代

か【化】[漢字項目]

[音](クヮ)(漢) (呉) [訓]ばける ばかす
学習漢字]3年
〈カ〉
前と違った姿・状態になる。「化合化石悪化羽化開化気化激化硬化消化進化退化同化孵化(ふか)風化分化変化緑化老化
教育で人をよい方に変える。「感化教化徳化
自然が万物を育てる働き。「化育造化
「化学」の略。「化繊/理化」
〈ケ〉
1に同じ。「化粧化身
2に同じ。「教化能化
怪しい姿に変わる。ばける。「化生(けしょう)権化(ごんげ)変化(へんげ)
[名のり]のり
[難読]時化(しけ)

け【化】

仏語。教え導くこと。教化(きょうけ)。
仏・菩薩(ぼさつ)が人々を教化するために、姿を変えて現れること。
高僧が死ぬこと。遷化(せんげ)。

け【化/仮/花/家/華】[漢字項目]

〈化〉⇒
〈仮〉⇒
〈花〉⇒
〈家〉⇒
〈華〉⇒

出典|小学館 この辞書の凡例を見る
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

大辞林 第三版の解説

か【化】

[1] ( 名 )
徳によって教え導くこと。教化。感化。 「仁政の-を致れんには如かじ/太平記 13
自然が万物を育てる力。化育。造化。
生滅転変の理。変化。変遷。 「陰陽の-」
( 接尾 )
主に漢語の名詞に付いて、そういう物、事、状態に変える、または変わるという意を表す。「映画―」「自由―」「液―」など。

け【化】

〘仏〙
仏教に教え導くこと。教化。
仏や菩薩ぼさつが教化のために、仮にさまざまの姿をとって現れること。
死ぬこと。遷化。死。

出典|三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

化の関連キーワード一・壱・壹一打ち逸・一・佚・溢・逸一再国方事欠けざら見出づ真し一本木

今日のキーワード

トランスアジア航空

台湾・台北市に本拠を置く航空会社。中国語名は復興航空。1951年、台湾初の民間航空会社として設立。83年に台湾の国産実業グループに経営移管され、組織改編を実施した。92年に国際チャーター便の運航を始め...

続きを読む

コトバンク for iPhone

化の関連情報